代替わり後3回目となる卒園式で28名の子どもたちが旅立った

旅立ち

元気いっぱい旅立ちの歌

元気いっぱい旅立ちの歌

6才の子どもたちの旅立ちと聞けば、少し大げさな感じもするが、6才だからこそ、これからの長い長い競争社会に巻き込まれていくことになるから、旅立ちの言葉こそ彼らにふさわしい。「自分で選び自分でするオシゴト」から「右へ倣え!」の学校教育に子どもたちはまずカルチャーショックを受けるはずだ。個性が育ちにくい日本の社会が待ち構えている。どこかの社会主義国よりも社会主義的と評される日本で、生きづらさに抗って、それでも個が輝き続ける一人一人であって欲しいと心底願う。そんな子どもたちの前途を思うと息苦しくなるほどだ。式の後、保護者から感謝の言葉を受けて思わず返事に窮したが、さすがにめでたいときに暗い気持ちは吐露できない。モンテッソーリという福音にもっとも忠実な教育を受けた子どもたちの底力に信頼したい。ともあれ、ご卒業おめでとう!そして、28名の子どもたちに栄光あれ!

旅立ちの歌

https://anchor.fm/pken/episodes/ep-ebfutu/a-a1mlul1

 

Podcast---最近の5エピソード

※プログラムの都合上ここに最新号が反映されるまでにおよそ7時間かかります。今すぐ最新号を聴きたい方はこちらをクリックしてご確認ください。

  • 合唱
    今日は特別張り切って鳴いている
  • スズムシ合唱
    昨日よりも今日。日増しに力強さを増していく。
  • スズムシの合唱
    数週間前は頼りなげに鳴いていたが、今では力強く競って鳴くようになった。
  • スズムシの鳴き声
    職員室のジユウニンタチ
  • 3月30日ミサ説教音声
    ヨハネ8.1-11 >1 イエスはオリーブ山へ行かれた。2 朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自 […]
------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする