2歳半のK君が見せてくれた「自分を捨て自分の十字架を背負って」生きる姿

泣く子が黙る

ネットで購入したブルーベリーが結実した

ネットで購入したブルーベリーが結実した

泣く子も黙る怖い話ではない。この㋃あれほど泣いていたK君のことだ。「ママ、ママ~おぎゃーおぎゃー」誰があやしても効果はなく、「のどがどうかなりはしないか」と思うほどに、しかも赤ちゃん泣きだったK君。「あんな小さな子を親から強引にはなすのはいかがなものか。」人格障害でも引き起こすことになりはしないかと危惧されたほどだった。今週のはじめだったか、登園したばかりのK君が先生に促され、一人でトコトコ職員室に入ってきた。そして、目の前にやってきて「エンチョウセンセイおはようございます」とあいさつしたのだ。最近ではすっかりクラスに溶け込んでいるK君の成長ぶりを喜んでいたのだが、キチンと挨拶ができるまでになっていたとは!周りの者にとってはアッという間でも、本人にとっては苦難の長い日々だったに違いない。文字通り、「自分を捨て自分の十字架を背負って」登園していたに違いないのだ。今朝のミサの福音は身につまされた。

幼稚園夏季学校

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする