今回の機上の徒然草は心楽しいこと2点。客室乗務員の人柄と欲しいものとの遭遇で即ネット注文

機内でもIoT

ということで、またもたわいないことを徒然なるままに。目の前のポケットにあるJAL Shopを開いた。断然女性用が多い。それでもページをめくっていると、「IoTで進化したトレーニング・ギア」というキャッチコピーが目に飛び込んできた。IoT、司教の勉強会で教わったばかり。まるで、かつて会ったことのある人が突然目の前に現れた時のように、「あ、知ってる知ってる。物と物とのインターネット!」と歓喜した。しかし、器具そのものは腹部と胸部を筋肉モリモリにする物だということは分かったが、何がどうなるのか説明を読んだだけではピンとこなかった。

フツ-のやりとり

大使館の庭に立つ聖母

大使館の庭に立つ聖母

後でゆっくり読もうと、ページを開けたままにしてブログの続きを書いた。すると、通りかかった客室乗務員が「それが欲しいんですか」と笑いながら話しかけてきた。「ハイ、興味が湧いたもので…。ちょっと遅すぎるかもしれないが。」楽しくなってボクも笑いながら答えた。生真面目なやりとりの多い職種の人にしては職業的笑顔でなく、自分の感想を素直に口にできる人は珍しい。こうした資質の人が増えると狭い空間での空の旅がもっと快適になるに違いない。

究極のウォレット

口の開いているものを選んだ

口の開いているものを選んだ

ところで、「欲しいものってないなあ」と思っていると「あった!」クレジットカードが20枚も収まってもスリムなウオレット。まさに究極のウォレットだ。現在のものは16枚ほど収納できるが、折りたたむとカード同士が重なるので分厚くなりポケットが膨らんで機能的でない。勧められるままに応じた結果だが、結構役立っているのでそのままにしてある。それで、いくつも試してみたが満足したものにお目にかかったことがない。通信販売ということがわかったので、早速注文。機内でネット注文というのは初体験。28日には届くという。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする