10日間の通勤生活を終わった先の金曜日。疲労困憊で久しぶりの温泉でリフレッシュ。

立ち位置が

クラスカラーの🎏初登場

クラスカラーの🎏初登場

なんとなく見えてきた幼稚園でのボクの立ち位置。と書くと、たいそうな感じがするが、大したことはない。要するに、毎日、8時の朝礼に顔を出し、子供たちを迎え、色々の印鑑をついて朝のルーティンをこなす。4月いっぱいは午前保育なので10時過ぎには帰ることができる。先生たちは6時の終礼まで、やることはたくさんあるが、管理職の特権で楽をさせてもらっている。5月からは午後の保育も始まるのでちょっと大変そう。そうそう、立ち位置の話。先週門扉の金属音が気になったので手持ちの潤滑油をかけたら随分改善して気にならなくなった。ついでに、溝に溜まった灰も除去。スッキリしたところで枯葉の目立つ花壇や鉢物が気になりだした。

見えてきた

エニシダ?聖書の植物だが…

エニシダ?聖書の植物だが…

昨日、1時間ほど職員室入り口周辺に手を入れた。すると、正門入り口右手に大きくキノコ状に成長したモクセイの木の下に放置された数個の長鉢が気になりだした。更に、集めた枯れ草を袋に詰めて園舎裏に運んで目に入ったのが、駐車場横の雑草に覆われた花壇。数年前、本部棟屋上での鉢物菜園をやめたため、すっかり出番のなくなった小道具たちが蘇った。これだコレ!で、立ち位置というのは「環境整備を一手に引き受けよう」ということ。早速、本部の倉庫に眠っていたスコップに手袋、剪定バサミに草取りヘラ、その他を幼稚園の倉庫に移した。取り掛かるのは少し先のことになるが、それまで色々構想をめぐらしたい。

初出演お誕生会

副園長の主任司祭も慣れた仕草で

副園長の主任司祭も慣れた仕草で

今日は、初めてのお誕生会。8名の子供たち👶🧒。お祈りと聖歌の後で「園長先生のお話。」「お誕生日おめでとうございます。朝日て分かりますか?」突然の朝日の話に、「??…」「分からない人は?」かなりの子が手を挙げた。「朝の太陽のこと。」年長さんらしい子が答えた。「そうです!皆さんは朝の太陽、上ってきたばかりの朝日のようです。朝日は柔らかい光でみんなを気持ちよく包んでくれます。まるで誰のようですか?」「デンキー!」「ガクッ!…お家の中にいる人です。」さすがに、「おかあさん!」「そうです。みんなのお母さんのようです。だから、みんなのお母さんにありがとうをいいましょう。また、朝日は世界中の人を温かく…」「照らす!」「温かく包む…」と言いたかったのだが、「そうです。だから?」「神様のよう!」先を読まれたのは悔しかったが、さすがカトリック幼稚園。「だから、神様にもたくさん感謝しましょう。」

君は愛されるため生まれた

*作詞作曲が韓国人だったとは知らなかった。10年ほども前から歌われていたということも。まるで聖歌のよう。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする