「長い間お疲れ様でした。」言われてみれば、会議の苦手なボクには確かにそう。

特別の感慨もなく

県文化センターでの叙階式は画期的

県文化センターでの叙階式は画期的

そうはいっても、会議のおかげで益を被ったこともある。MEの会議を司教会議の前後に組むようになったので、MEからの出張費がゼロになったことだ。貧しい日本のMEとしては感謝しなければならない。ともあれ、もうあの人だらけの東京に行かなくてすむかと思うだけでホッとする。ところで、最後となった昨日のミサ、説教の時も特別の感慨が湧くでもなく兼ねてと変わらない自分がいた。もっとも、「最後に言い残しておきたいこと」みたいなこが少しだけあった。いずれにしても、よく耳にすることだが、「まだ実感が湧かない。」

5人で二次会

リツさんの稲の収穫を祝う踊り

リツさんの稲の収穫を祝う踊り

パーティーから帰ったのは8時過ぎ。ワット神父さん一行と研修の家で10時頃までささやかな二次会。「今日はボクの解放のお祝いだから」としまい込んであった上等のブランデーを出したのがまずかった。酒豪の4人は手のひらで温めながらチビチビと風情のある飲み方ができない。焼酎を飲んでいるコップに惜しげもなく注いではやるものだから、「あ、あ・・・」と制止しようしたものの、「お祝いだから」と言った手前ケチなことはいえなかった。今朝確かめると、ボクが帰った後もやったそうで案の定空っぽ。マッタク!しかし、海を越え、飛行機を二回も乗り継ぎ10時間近くをかけてやって来た珍客だからよしとすることに。

ミサ説教音声

*今日まで関係ない音声が入っていたことをお許しください。
------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする