若者の信仰に寄り添う大人の存在は決定的意味を持ち信仰伝達の必須条件

進化する奄美youcat

奄美youcatに顔を出した。「顔を出した」と人ごとみたいなことを言ったのは、地元の司祭が快く引き受けてくれたことで奄美youcatは事実上ボクの手を離れたからだ。それだけではない。これまでは、高校生たちとボクの都合を調整しながらの運営だった。今回顔を出して驚いた。月2回も!そうすることで、どちらかに出ることができる。たとえ一人であってもやる。もともと、奄美の宣教を考えるチームの活動が母体になっていて、司祭と信徒のタグチームが本来の姿。ボクが行けない時でも信徒だけでのケアは継続していたわけだが、司祭が同伴することで本来の姿に戻っただけでなくより強力になった。堅信同期の5人以外にも輪が広がろうとしているらしい。ともあれ、早めに引き上げ、早めの就寝も可能になった。

古仁屋ツアー

世界でここだけにみられるフグの芸術作品

世界でここだけにみられるフグの芸術作品

さすがに奄美も秋。窓か射す朝日も柔らかく夏の頃とは大違いだ。9時のミサは瀬留教会で合同ミサとなって7つの小教区から集まった。ミサ後は、河野君夫妻と古仁屋ドライブ。アマミオオゾラフグが海底に描くミステリーサークル。世界ではここ嘉鉄(かてつ)の海だけに見られるという。つい最近、2011年に発見された。立派な展望所も新設されて観光客も多いようだった。トンネルができたせいで山越えの必要がなく名瀬からい1時間弱とずいぶん楽になった。6時、久しぶりの同窓会。楽しみだ。

説教音声

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする