ローマ晴れの初日に

ローマ晴れ空港からホテルに向かう車窓から見たローマ独特の笠松が青い空に映えて美しかった。

半開きの車の窓から入る風は寒さを感じるが、外に出ると肌持ちのいい気候。今、イタリアは冬から春への変わり目なのかもしれない。

チェックインを済まして指示された部屋は805号室。8階ではなくて2階の805。どうして?と思うのだが、イタリアでは受付の階が0階なので、日本でいう2階はここでは1階なのでややこしい。

ともあれ、タイル張りの部屋は素足でも気持ちがいい。着替えを一組3日分と荷物を最小限に抑えてあるので、早速洗濯。そしてシャワーでスッキリ。時計は早12時前。しかし、慌てることはない。ここでのお昼は1時。お昼は12時と決めたのは日本人?

ちなみに、夕食は、一般的に、7時半ということになっているらしい。メインとなるのが夕食ではなく昼食と聞けばまた面食らう。なるほど、昼食のテーブルには白と赤のワインが2本。日本語をしゃべることのなかった14時間の一人旅のあとだけに、仲間の司教さんたちとのメイン会食は楽しかった。ワインはお代わりしても料金に関係ないと聞けば嬉しくなる。食後のスイーツとキツ目のワインが、甘辛党のボクには絶品。

夕方、お買い物散歩。これがまた、破格の安さが嬉しくて、黒のローマンカラーシャツ2着購入。なんと1着が15ユーロ=約2000円。日本の四分の1!食事にしろ、シャツにしろ、日本とは豊かさの質が違うよう。しかし、浮かれて出てきた店先の物乞いの姿に心はたちまちブルー。ポケットの硬貨を差し出した。

そろそろ、夕食会の時間。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする