ネットで覆われた地球は文字通り一つ屋根、いや一つ網の中に暮らす兄弟姉妹

一つ網の中

「国際電気通信連合」というのをご存じだろうか。国連専門機関の一つだということを今朝配信のニュースで知った。それによると、世界のインターネット利用者数は今年末までに約39億人に達するという。世界総人口の51.2%にあたるというが、それでも世界各地で、大勢の人々がデジタル経済の恩恵を受けることができないでいる。それで、同機関は「デジタル革命がネットを利用できない人を誰一人残さないように」と呼びかけているという。「だれ一人残さないように。」福音的発想に思わず「いいね!」をした。ちなみに、先進諸国のネット利用者は80.9%。発展途上国は45.3%。思わず目を見張ったのは、次の事実だ。「世界総人口のほぼ全体にあたる96%は現在、携帯電話のサービス圏内で生活しており、90%は第3世代(3G)以上の通信網でネットにアクセスできる状態にある。」

ボクが引っかかった

引っかかると結構楽しいんだけどな

引っかかると結構楽しいんだけどな

ふるさとの教会に赴任したのは20年程前。当時、日本のネット普及率は30%。そんな中で、深夜にネットサーフィンを楽しむ若者が500万いると言われていた。当時はネットに関する知識はゼロだったが、「ウェブ=蜘蛛の巣➡引っかかる」、そんなイメージからこの若者たちにみことばの網をかけたいと思いたち、帰省中の姪に作ってもらったのが始まり。それ以後は、逆にボク自身が引っかかってしまって今に至っている。ちなみに、アフリカでは、この10年余りの間にネット人口は10倍を超す勢いだという。こうなると、好むと好まざるとにかかわらず、もうネットから逃れられない。とくに、宣教に従事する教会人、とくにアナログ志向の強い司祭集団には回心が求められている。

B,Cさんたち、仕上り上々

 

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする