久しぶりに我が家に帰ったようなくつろぎの中でリゾートをするのも正月だから?

150キロでのおもてなし

2日間にわたるおもてなしと聞けば、羨ましく思うかもしれないが、最速150キロで飛ばされたらさすがのボクでも、命知らずの若い司祭に腹が立ったりしたのだが、信号のないまっすぐな地方道ではどうやら”平常心”らしかつた。そういえば、ヒヤッとしたことはなかつたナ。

お寺を愛する

至る所に寺院がある日常

至る所に寺院がある日常

2日間で、結局、教会訪問はゼロ。毎日案内されたのは美しいお寺ばかり。確かに美しいのだが、だからといって、境内に入ってアップで見上げなくてもボクには十分。しかし、案内役のロー神父さんはそうではない。「きれいでしょう?」いちいち確かめないと気が済まないだけでなく、「そこに立って下さい。記念に,…」「撮られるのは嫌いたから」と断ったのに撮りたがる。同じカトリックの司祭でもお寺に対する感性の違いは大きい。

50バーツのお布施

托鉢は素足でなされる

托鉢は素足でなされる

なんと言ってもきようのトピックは2つ。まずは、ラオスから上がる日の出。4日目なので初日というには遅すぎるが、30分にわたる天体ショーは圧巻だつた。西の空が白みかけた6時ごろ、ホテルを出て川べりの歩道にでた。ロビーを抜ける時、支配人らしい風格の男性が、テーブルに置かれたいくつもの包みを指しながら何やら問いかけたが、そのまま外にでた。刻々と茜色に染まる辺りの様子に見とれていてふと気がついた。通りの向こうでお坊さんの一行が托鉢中。見るとおおくの人々がロビーで見たのと似たような包みを手にしているで、ピンときた。50と書いてあったのは一包み50バーツだということも正解だった。合理的になるのはどこの世界も同じらしい。

 

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする