「羽田は豪雪で悪天候のため鹿児島に引き返す場合もあります」

家読

予感としては「大丈夫」だったので新聞を読みながら待つことに。目についたのは社説で紹介された家読。うちどくと読む。初めて目にした造語だ。なんでも、福島県のある町での取り組みが全国に広がったのだという。

家読の成果

今朝の新聞の切り抜き

今朝の新聞の切り抜き

第64回青少年読書感想文全国コンクール(毎日新聞社主催)で内閣総理大臣賞に輝いたのはやはり福島県の中学生。家読の成果であることは言うまでもない。今朝の毎日新聞の社説にあつた。そう言えば、吉野幼稚園でも読み聞かせの会があるが、経済的な補助もあるらしい。国を挙げての取り組みだと分かった。ちなみに、今回のコンクールには、海外の日本人学校を含めて小中高25,504校から414万余りの応募があったという。「本を読み、よく考え自分のものとする『考える読書』の習慣が受け継がれ、うれしく思います」は表彰式の臨まれた皇太子のお言葉。

無事着陸

夜になって雪

夜になって雪

さぞ白銀の羽田かと思いきや、雪はない。ヤレヤレ、なんとか今夜からのM Eリーダー養成プログラムは実現することが確実となつた。今回が2回目となる会場だけに余裕。空港で野菜カレーのお昼を済ましてすんなりと5時半開始ミサには早すぎる4時半着。神父さんの案内で暖かい食堂に通され、みんなを待つことに。5時ごろ全員がそろい久しぶりの再会を喜びあつた。もうすぐ開始。乞祈願。

Podcast---最近の5エピソード

※プログラムの都合上ここに最新号が反映されるまでにおよそ7時間かかります。今すぐ最新号を聴きたい方はこちらをクリックしてご確認ください。

  • 合唱
    今日は特別張り切って鳴いている
  • スズムシ合唱
    昨日よりも今日。日増しに力強さを増していく。
  • スズムシの合唱
    数週間前は頼りなげに鳴いていたが、今では力強く競って鳴くようになった。
  • スズムシの鳴き声
    職員室のジユウニンタチ
  • 3月30日ミサ説教音声
    ヨハネ8.1-11 >1 イエスはオリーブ山へ行かれた。2 朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自 […]
------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする