それでも!Blog 一覧

夢の島公園のクチナシ

フランシスコ教皇使徒的勧告「愛の喜び」紹介入門篇2

前置き本文の全訳はいつになるか分からない。勉強会で配布された試訳をもとに、もう少し書いてみたい。とくに、何十年も関わっているMEにとって教皇...

記事を読む

教皇フランシスコ使徒的勧告「愛の喜び」入門編

勉強会司教の勉強会は、司教儀典書についてではなく、昨年の家庭に関するシノドスを受けて出された使徒的勧告「愛の喜び」を紹介するもので嬉しかった...

記事を読む

久しぶりの潮見は緑に包まれて

別府、奄美、東京別府での三教区合同黙想会から帰った翌日、辛いミッションが待つ奄美へ。1日置いて東京。オーケストラでのホルン奏者を目指して修業...

記事を読む

人は神との一致を目指す存在

人間とは何か、人間とはどこに向かう存在なのか

古代の洞察詩篇8番4節「あなたの天を、あなたの指の業を私は仰ぎます。月も、星も、あなたが配慮なさったもの。そのあなたが御心に留めてくださると...

記事を読む

神楽姫湖の菖蒲はみごと

十戒は禁令集ではなくどんなことがあっても共にいる神からの呼びかけ

変動の時代を生き抜く原理は何か出エジプトの状況を見ると混乱した時代の中で、とくに司祭としてどう道筋をつけて生きればいいかが見えてくる。エジプ...

記事を読む

修道院のエルグレコ

黙想することの意味は目覚めていること

み顔を探して「この時代にイエスのみ顔を探して」今回の3教区合同黙想会のテーマだ。指導司祭は著名な霊性神学の大家。講話1導入の話のテーマは「存...

記事を読む

インチョンの臨海公園のカモメ

聖遺物と共に過ごした聖時間は二人の聖人とのクオリティータイム

聖遺物崇敬9時のミサに引き続いてなされた、聖ヨハネ・パウロ二世と聖ファウスチナの聖遺物安置と崇敬の式には約50名ほどが残った。第一級の聖遺物...

記事を読む

夜桜ならぬ夜バラ

突然の韓国ミションは飛ぶ鳥をも落とす勢いに満ちたインチョン教区

突然の訃報突然の訃報に韓国中に衝撃が走った。29日、ビザの関係で一時帰国したフランシスコが、翌日の月曜日、つまり5月30日午後、「アイグー!...

記事を読む

ハハコグサ

“堅信式は大人の信者になる秘跡”って誰が言い始めたのか?

当てが外れた(1)昨年のクリスマスから、今年の復活祭にかけて11名の大人が洗礼を受け、そのうち10名が今日の堅信式に臨んだ。中学生1人を加え...

記事を読む

当初はひっそりとやがてしっかりと存在感

今更聞けない、日曜日が休日になった本当の意味と目的は?

いいわけ実は、夕方の高速船で種子島に行くはずだった。「明日はどこに?」お昼時の主任司祭の質問に軽く答えたものだ。「種子島です。例のYOUCA...

記事を読む

1 13 14 15 16 17 18 19 52