それでも!Blog 一覧

拷問の道具にヒントを得て作成した。

鹿児島教区の三大祭を日本中から巡礼者を呼び込む好機にするには?

初誓願式聖血(おんち)礼拝修道会。この名前をそのまま出すと一般の人々は眉をしかめるに違いない。表向きの名前は聖ヨセフ修道院。国道わきの案内板...

記事を読む

会議中に飾られた生花

日韓司教交流会会期中に見た韓国社会の実像、聞くとみるとでは大違い

豊かさオラカイ。釜山の方言で「来なさい」という意味だという。人口400万の中でもハイテクの町として発展を続けるソンド地区に聳える20階のホテ...

記事を読む

車窓からは真っ赤な紅葉も見られたが…

韓国移民史博物館に始まったオプションプログラムは殉教地を経て中華街での会食で1日目終了

司祭のままで…感謝日韓司教交流会オプションプログラム2日目。今朝のミサで、6月に急逝されたボニファチオ司教様とやはり急逝した横浜教区に派遣さ...

記事を読む

インチョンはソウルの西にある400万都市。信徒は40万余。

福者レオ七右エ門殉教祭は川内小教区主催の教区行事?

殉教祭昨日は福者レオ税所七右衛門殉教祭。ミサの福音はヨハネ12章24〜26節。「一粒の麦が…」の箇所。大阪釜ヶ崎で労働者たちと暮らしながら聖...

記事を読む

はかり綱は私のために良い所に落とされた。私の受けたものは素晴らしい

青天の霹靂ちょうど一週間前の4日(木)朝のミサ後7:40分過ぎ、専用チャペルのドアを遠慮がちにノックしながらアン神父さんが顔をのぞかせた。「...

記事を読む

海を越え1日かかりで書き上げたブログは甥や姪との会話に邪魔されながら

教区の明日を探る教区評議会࡛。信徒を交えての分かち合いは2年ぶり。福音宣教の前線基地としての班制度が導入されたのはかれこれ30年にもなろうか...

記事を読む

日本野鳥の会の時計は季節の野鳥がさえずる

お坊さんも見守る中で新司祭初の誕生に沸く草原の国で宣教24年の初穂

24年目の初穂29歳の地元出身司祭誕生。と言っても鹿児島のことではない。モンゴルでの話。宣教活動が始まって24年、国の人口300万のうちカト...

記事を読む

11月1日といえば諸聖人、諸聖人と言えば国の休日、休日と言えば警察

死者の月今日は諸聖人の大祝日。記憶が定かでないが、確か、カトリック国では国の祝日になっているとか聞いたように思う。神学校では休日だった。フィ...

記事を読む

MEのシンボルキャンドル

2018年9月16日(日)-23日(日)アジア会議in霧島準備会スタート

ME全国同窓会「ナンだ、2年も先の話か」と思わないでほしい。ボクらの工程表では、今年は2泊3日のMEウィークエンドに代えて、10月29日(土...

記事を読む

皆さんには目の毒だが

3年に一度の開催を申し合わせて長崎教会管区司祭集会終了

要望集会だったとは!三回にわたる分団会の結果が各自の手元に届いた。タイトルを見て驚いた。「司教団への要望」となっていたからだ。内容を見れば「...

記事を読む

1 13 14 15 16 17 18 19 59