それでも!Blog 一覧

遅ればせながら、祝鴨池教会献堂50周年と主任司祭叙階25周年!

教会の尽きないエネルギー去る18日(日)快晴の小春日和の中、二つのお祝いがなされた。聖堂献堂50周年と主任司祭の司祭叙階25周年。ミサの中で...

記事を読む

三つ目となる卒園式は様々な問題に揺れた県最東端の町志布志

自然体でフェリーとバスを乗り継いで行くいつものコースを車に変更。一時間40分のドライブ。「卒園式はお御堂です。」あの小さなお御堂で?と驚いた...

記事を読む

卒園式週間始まる。あどけない幼子たちの目が潤み別れの悲しみを知る人の心に老若の差はないと知る。

卒園証書授与式「あなたは本園で3年間保育を受けました。神様の祝福を祈ります。」二つ折りの立派な卒園証書と言葉はボクが園長時代のもの。そのまま...

記事を読む

二転三転、小さな国を揺るがした神学校問題収束と新たな試練への船出

何で又2つに?「せっかく一つになったのに!」誰もがそう思うに違いない神学校の再々編。この小規模な日本のカトリック教会に二つもの神学校?そこが...

記事を読む

久しぶりに主任司祭をやった。7時のミサに続いて9時も。

主任司祭代行今日は、主任司祭入院、助任司祭よその教会の主任司祭入院のため代行に、事務局長司祭は大槌ベースの閉幕式典にとすべて出払い、残ったボ...

記事を読む

久しぶりのゆらい愛ミサは晴天に恵まれ聖堂の音響も快適。なぜか、自分自身元気が出た。

福祉の原点ミサの度になじみの参加者の姿が見えないのはさびしい。受付の皆さんも杖が必要。それでも、喜々として奉仕している姿は美しい。ボランティ...

記事を読む

話の好きな神父さんだった。天国では先に逝った仲間の神父さんたちとどんな話に花を咲かせておられるのだろう。

イザヤの如く田辺神父さんの思い出は3つある。1つは、司祭6年目の時の司祭会議。「種子島からザベエリオ会が引き上げることになったが、行きたい人...

記事を読む

「混沌から調和へ」何度同じテーマで話したことだろう。今回もやはり同じ。

聞き耳を立てるミサ1984年からの2年間だけザビエル教会の助任司祭を務めた。初めて日曜日のミサを司式した時のことだ。聖書朗読の間、信者たちが...

記事を読む

学業の労をねぎらい、おめでとうの言葉で送り出された22名の卒業生たちのほほを伝う涙についホロッ

第55回卒業式予定の9時15分ちょうどに学園到着。広い応接室には20名あまりの来賓が待機しておられた。町の行事にも積極的に参加するそうなので...

記事を読む

明日の明光学園卒業式に述べる祝詞を事前にアップするのを予行練習ブログということにした

隠れた名門校「『空港から一時間も離れた田舎の高校でどうしてこんなにも進学率がいいのか勉強してくるように』と上司に言われて来ました。」学校評価...

記事を読む

1 3 4 5 6 7 8 9 68