2017年08月 一覧

教区最大のみこころ教会

50年半世紀、聖堂を支え続けたセメントの柱8本は迫害に耐えたシマの信仰そのもの

献堂50周年聖堂修復。聖心教会献堂50周年記念プロジェクト。帰省のたびに広がっていくかに見えたゆかの亀裂。聖堂本体を支える打ちっぱなしの頑丈...

記事を読む

インパチエンス不忍耐

早朝の小聖堂窓を開けると涼風が秋の気配を運び入れ聖書の植物の庭では小さな命が生を競ってもう残暑

不具合オリーブこの夏の異常な暑さに元気なのは聖書の植物の庭の植物や草たち。緑の葉を茂らせているオリーブの木はさすが乾燥地帯の木だけに元気その...

記事を読む

山の家で祝ってもらった75回目の誕生日に花を添えたヒグラシたちの饗宴に右脳全開

山の家での誕生会8月20日、これほど自分の誕生日を心待ちにしたことがあるだろうか。そうなのだ、定年の75歳になるからだ。MEの仲間有志数組が...

記事を読む

ワインと・・・

チヂミはチヂミでも着るのと食べるのとでは雲泥の差でも全く同じオトだからあの店員さん「ウチにチヂミはありません」

チヂミ?昨日、天文館の衣料品量販店に入った。「チヂミのシャツがありますか。下に着る…」40代後半かと思われる女性店員が「……」やがて、「肌着...

記事を読む

志願者ダンサー

人里離れた森の中祈りと労働にいそしむ若いシスターたちの静かに流れる日常が終生誓願の今日ハジケタ

血を礼拝?!聖血礼拝修道会。おんちれいはいしゅうどうかい。きちんと読めて違和感がなければあなたは確かにカトリック信者。しかし、信者でない方の...

記事を読む

自動翻訳は飛躍的に進歩

人工知能が世界を席巻しているというのに日本は周回遅れだというが教会も波に乗って宣教ロボット投入

自分で動く車「え?まだ運転しているの?」高齢者に聞いているのではない。これが、働き盛りの間の会話だとすれば?そうなのだ、日本がエコカーをやっ...

記事を読む

階下での開会式は献香から

上陸記念碑前にザビエル公園新趣向の二本立てザビエル祭は雨にたたらられても大成功

山の日のザビエル祭今年のザビエル祭の特徴は三つ。まず、開催日が従来の8月15日から山の日の11日になったこと。これだと、お盆と重なることもな...

記事を読む

日本人ではないが日本勢の一人

スポーツマン精神にのっとり正々堂々と戦うことを力強く誓った球児たちとアスリートにかける大人たちにも宣誓を

畑違いでナンダが最近気になることがある。ボクにはある意味関係ないのでどうでもいいと言えばそうなんだが。ネット配信のニュースでもテレビのスポー...

記事を読む

久しぶりの絵画教室は四人だけ。

リハビリを兼ねての町中スロー散歩臀部の違和感なくなんだか心浮き浮き千円カットで超短

目の保養?今日は長崎原爆投下の日。本来ならば教区主催の平和巡礼に参加のはずだったが、坐骨神経痛というかつてない経験にキャンセルしたものの、今...

記事を読む

パパ様とアウンサン・スーチー女史

ミャンマーと言えば純心短大の元英語の先生アンディーさん小学校建設に励むお友達の和尚さん

ロヒンギャ救出訪問教皇フランシスコは、初めてとなるミャンマーを訪問するかもしれない。目的は、百万とも言われる迫害下の難民ロヒンギャの人々の開...

記事を読む

1 2