2020年11月 一覧

NO IMAGE

今日も御領ヶ池経由のウォーキングの理由はミサゴに合いたかったから

今日も鵜が主役御領ヶ池にミサゴが来るとのニュースは全く予想外のことだった。毎日でも行ってみたいが、日没が早まったこの頃は終礼後はすでに暗い。...

記事を読む

今の今まで思い込みで生きてきた何十年もの人生を恥じた

思い込みは怖い実は、指宿に来て御領ヶ池と出合い、そこでたくさんのウとで合った。世にいう烏合の衆の主人公がこのウ立ちだと信じて疑うことがなかっ...

記事を読む

久しぶりの御領ヶ池に見知らぬバードウォッチングの人が

しかも立派な望遠レンズで聞くというとミサゴを狙っているという。ミサゴといえば猛禽鷹の仲間。池の魚を捕る瞬間を撮りたいらしい。御領ヶ池にミサゴ...

記事を読む

突然だが”放蕩息子”がどうしたの?

時言放蕩息子今朝の新聞2面のコラムだ。「え、どうしたの?」思わず記事を直撃した。「新約聖書で知られた話の一つ」とあって、改めて筆者の教養を感...

記事を読む

「行ってらっしゃい」から「お帰りなさい」までがアンカンの目的

アンカン?安全管理者講習会、という名称だったと思う。幼稚園にも案内が来た。「駐車場の関係で出来るだけ公共交通機関を利用して下さい」とのことだ...

記事を読む

10年前の作品と出合った驚きとネットのカラクリの不思議さ

気ままな土曜日のサプライズ一週間で一番楽しいのは土曜日、それも午前中。ミサ後軽い朝食を済まして、コーヒー片手に新聞に目を通す至福の時。最近は...

記事を読む

何度も行ったことのある出水のツル観察だがマナヅルは初めて

ナベヅルという命名はいかがなものか出水に来るツルはナベヅルだけ。昨日までずっとそう思っていた。アネハヅルが1羽紛れているという記事が気になっ...

記事を読む

またまた言いたくなった当たり障りのある「学術会議」感想

6人減ったらそんなに大変?学術会議が話題にならない日はないが、「100人もいるのに6人欠けただけでそんなに大変なの?」といったら袋だたきに合...

記事を読む