Welcome!

司教叙階式のカード-表のデザイン司教叙階式のカード-モットーの説明

それでも 喜び・希望・感謝

標語の中で、鍵となる言葉は「それでも」です。
背景の黒は、イエスを十字架にかけた人々の心の闇。「光は暗闇の中に輝いている.暗闇は光を理解しなかった」(ヨハネ1の5)。

上部の太陽と光は御父とその恵み。
翼は二羽の鳩。ノアの洪水終息を告げるオリーブの枝をくわえてきた鳩(創世8の11)と、イエスの洗礼のときに現れた聖霊の鳩(ルカ3の22)。

世界は普遍的な平和からは程遠く、いまなお闇に包まれています。それでも、力強く羽ばたこうとしている二羽の鳩。いずれも喜びと確信をもたらすものです。

自分を不条理な死に追いやる人びと。それでも、十字架から逃げ出すことなく、赦しの祈りをお捧げになった高邁な生きざまこそ主の生きた遺言。

私の生き方の出発点は十字架の神秘。苦しみの中で到達する光による再生こそ、復活の喜び。その結果、未来にも人びとにも希望を抱くことができます。だから、最終的には「神様みんなありがとう」。

2006年1月29日 司教叙階
鹿児島司教 パウロ 郡山健次郎

サイトマップはこちらです。

フォローする