遠い昔の思い出となった神学校での日々、当時の仲間たちに思いをはせながら語りあった二泊三日

旧友のミサ奉仕昨年11月4日、母校の神学祭に招かれた。ミサ後、同期の浦君に会った。もっとも、彼は、哲学一年で進路変更。ともあれ、50数年ぶり...

記事を読む

二度あることは三度あるのことわざ通り、三度目のハプニングに見舞われた

またやってしまった「明日はロー神父さんのところでホテルで一泊し、翌日小教区でミサを済まして帰る。」「エッ!2,3,4と言ったから二日分の着替...

記事を読む

連日のトラブルでも、40%のマッサージに3人はハッピー

落ち着いてミサ今朝は6時に部屋でミサ。フエのカテドラル訪問だというのにミサの予約はしなかったようで、少しがっかりしたが、信者で旅行社なので仕...

記事を読む

タイ旅行のつもりが急遽ベトナムの聖地巡りの巡礼の旅に

いざ、ベトナムへ「弟の娘家族がフエに来ているらしい。ベトナムにも行きたい。」突然の提案にさすがのワット神父さんも、「いいかも、考えてみる」と...

記事を読む

一年ぶりのタイは乾期で雨なしの快適気候。同行の三人も満足度大。

タイの冬はAwAwと聞いただけでは何のことか分からないが、地理学の専門用語で気候区分のひとつで、サバンナ気候を示す記号のことらしい。らしいと...

記事を読む

クリスマス後の聖家族の祝日。独り身の人にとっても意味深い

聖家族に倣うクリスマスの日曜日に聖家族の祝日が来るのは、自然なことと言えばそうだが、家族がいない独り身にとってはどんな意味があるのか。答えの...

記事を読む

NO IMAGE

クリスマスのお喜びを申し上げますが、・・・

言いいわけ今日は、病院訪問後、12:30から教会でクリスマス会。つまり、飲み方。全員解散後も信徒会長と延々5時まで。おそらく記録達成。という...

記事を読む

教皇フランシスコの「あなたに、話がある」は上から目線か?

教皇は上から目線?懇意にしている司祭から久しぶりにメールが届いた。添付の文章は年何回か発行しているという小教区報の原稿。冒頭の書き出しが、「...

記事を読む

マリア様、ヨセフ様、そしてイエス様のなれかしに私たちのなれかしが加わって主が降誕

交換ミサ一番近い小教区は加世田。待降節の仕上げに赦しの秘蹟。「いつも顔を合わせる司祭ではやりにくかろう」ということで司祭を交換。実際は、加世...

記事を読む

神様の創造の業は混沌から始まった。2才のKくんが教えてくれた今日のXマス会。

圧巻は2才児9時に始まったクリスマス会。第一部はお遊戯会。全園児90名がオンステージ。第一部の圧巻は何と言っても、さくら組の2歳児たち。中で...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 92