カルガモにクイナにカワセミ、コサギにアオサギ、命育む二反田川

自然の釣り堀二反田川にはまだいた。大きなフナも住んでいた。今にも降りそうな空模様のもといつものコースを歩いた。ウエノケの領地あたりまで来たと...

記事を読む

信者の問題は何か。端的にいうと,神様を許さないこと?

主の鍛錬今日の第二朗読はヘブライ書。12・5-7、11-13に何度も出てくる言葉は鍛錬。この鍛錬の言語はギリシャ語で「子どもをしつける」とい...

記事を読む

二反田川に住む生き物たちの一つ一つが個性豊かで楽しい

カニ村の住ニンたち8日の立秋を過ぎたら、そして台風も行ってしまった後の空気はもう真夏のそれとは違う。夕方の二反田川を渡る風もさわやか。そして...

記事を読む

念願叶ってベトナム語の主の祈りのきれいなメロディーが聞けた

主の祈りを巡って「主の祈りを歌う習慣はならしい。」「ホントに?」半信半疑で何度か問いただしているうちに、ついこの間、「練習してきます」という...

記事を読む

プロのバイオリニストを聖歌の伴奏者に迎えての聖母被昇天のミサ

バイオリニスト伴奏ミサ指宿にゆかりのある高名なバイオリニストの”さくらこさん”。信者たちにはおなじみでも、ボクにとっては初対面かと思いきや、...

記事を読む

二反田川のカルガモたちの謎に迫れば迫るほど謎は深まるばかり

2-1の謎一羽が二羽になった話は書いた。二反田川には二家族のカルガモが住んでいて、上流の方をウエノケ、下流川の方をシモノケと呼んでいる。前回...

記事を読む

主日のミサ参加者平均20数名でも主の祈りは4ヶ国語のグローバル教会

グローバル教会調査の勢いが止まっているが、信者実数となると7,80名ではないかと思われる指宿教会。国籍は、日本を始めフィリピン、ベトナム、キ...

記事を読む

カルガモ家族に見る父親の距離感は悲哀かそれとも見守りタイ使命感?

成長した子どもたち昨日の夕方、台風のせいかと思われる曇り空のもと、心地いい風のそよぐ二反田川のほとりを歩いた。目当てはもちろんカルガモ親子と...

記事を読む

信仰の原点を追求し続けるMEの霊性は本物だと思うが、さらに言いたい

聖性への呼びかけ「あなたは、聖となることに呼ばれている」と聞いて、どんな思い、どんな感じか。ME日本企画会議の土曜日、こんな意味のテーマで分...

記事を読む

お泊り保育、おやつ調達ミッションはハイテクレジとの遭遇だった

おやつ調達同行今日明日のお泊り保育、お御堂でのお祈りの後で出かけたおやつ調達。予算は1人200円。好みのものを物色して先生のもとへ。スムーズ...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 87