日韓司教交流番外編

景福宮キョンボックンは朝鮮王朝の王宮。1405年、その離宮としてつくられた庭園が昌徳宮チャンドックン。しかし、文禄慶長の役(1592-159...

記事を読む

統一の悲願は深く

分断された韓半島。こちらは豊かな先進国。目の前の同胞たちは独裁君主の元で貧困と飢餓の中での生き地獄。「父は勲章ももらったが栄養失調で亡くなっ...

記事を読む

不条理に立ち向かう

日韓司教交流2日目のオプショナルツアーは安重根(アンジュングン)義士記念館。1909年10月26日ハルピン駅で伊藤博文を射殺。千円札にもなっ...

記事を読む

悲しい怒り

日韓司教交流会の初日は重たいプログラム。10名の元慰安婦のハルモニ(オバアチャン)が住んでおられるナヌムの家と呼ばれる老人ホーム訪問。ナヌム...

記事を読む

聖母の実像に迫る

「マリア教ではなく、キリスト教。マリア様はあくまで脇役。」ひところよく耳にした過度の?マリア様崇敬に対する批判の言葉。何かと言えば、「マリア...

記事を読む

祭のあと

恒例のおはら祭り前夜祭。今年は、台湾からの巡礼団30名も加わってカトリック踊り連は約90名。幼児から小中高青年と各年代まんべんなくというのが...

記事を読む

明るくお別れ

那覇教区から石神前任司教の訃報。26日のこと。しかし、葬儀ミサの案内は11月1日諸聖人の祝日。生前の司教様の生活は、単純で質素、まさにフラン...

記事を読む

セミナーハウス

MEヒルゼンミッション

8:03の新幹線で福山へ。これまでに一番長い新幹線の旅。新聞を熟読し、メールをチェックしたり、返事をしたりしているうちに11:16、定刻通り...

記事を読む

マンゲキョウ?

ありのままは、いいね!

20分歩いただけで1時間の運動…とかなんとか。健康シューズの広告チラシを目にしたのは夏前。懇意にしている電気屋さんから折々に届くダイレクトメ...

記事を読む

山荘の聖母

溝辺教会黙想会

9:30のミサに続いて十字架の道行き。第一留(りゅう)から復活まで、杉木立の中を巡り、復活の留は中央の一番大きい杉。信者一人一人が各留を書い...

記事を読む

1 42 43 44 45 46 47 48 51