鮮やかな色のステンドグラスが目を引いた。

養成プログラム1

いよいよ始まった。少し大袈裟だが、MEアジア会議の初め2日は養成プログラムといって、世界大会で打ち出された活動方針の根幹をなすMEの霊性が示...

記事を読む

鮮やかな色のステンドグラスが目を引いた。

オープニングミサ

10日、4時からの開会ミサは恒例によってカテドラルでの司教ミサ。レンガ造りの立派なカテドラルは幾重にも屋根が重なるバリ風。天使の像も同じ。司...

記事を読む

MEinデンパサール

昨日の朝、0時少し過ぎた頃、6時間もの待ち合わせ時間をインチョンで過ごした後、初めてのインドネシア・バリ島の州都デンパサールに着いた。夕方か...

記事を読む

新司祭も大輪の花を咲かせてほしい。

司祭叙階式

午前中までぐずついていた天気も次第に青空が広がり、すがすがしい秋晴れに変わった6日の日曜日、ベネディクト助祭がついに司祭に叙階された。22歳...

記事を読む

屋上の垂訓

久しぶりの気持ちのいい快晴。洗濯日和。ミサ後、混まないうちに、早速二日分を持ち込んだ。朝食後の8:00、洗濯物を干してふと気がついた。数年前...

記事を読む

鹿児島の福者、レオ税所七右衛門

神のしもべのしもべ

「生活が口についていかないのです。」つまり、自分が説くことと実際の生活が違うということ。今日記念するグレゴリオ1世教皇の言葉。「人の子よ、わ...

記事を読む

語り部

鹿児島県宗教者懇和会平和の集い。長い名前だが、仏教、新仏教、神社神道、そしてキリスト教四つの宗教団体が持ち回りで担当する学習会。それぞれの礼...

記事を読む

またまた台湾

16,38,221,50。スペイン、オランダ、清国、そして日本が台湾を統治した年数。モノの本によると、日本が統治するまでの275年間、台湾に...

記事を読む

台風の置き土産。

久しぶりのムッ!

今回は空港ではなくコンビニ。置時計の電池を買おうとして単三二個セットをレジに持っていくと「サイズはこれで間違いなかったですか?」一瞬、質問の...

記事を読む

シャカトウの里。

それでも台湾

先日から読み始めた「義人呉鳳」は伝記というよりも紀行文風の博物誌ともいうべき趣の本で、植物について博識であるだけでなく、部族の生活や社会につ...

記事を読む

1 42 43 44 45 46 47 48 68