ポーランド最大の巡礼地めぐりは光が丘のヤスナ・グラ修道院

光が丘へ8月2日(火)、チェンストホバ市、今日の目的地。クラクフの真西約60キロにある投宿先のサレジオ会から真北に約100キロ1時間半のドラ...

記事を読む

20日の花火大会

神の人聖ヨハネ・パウロ二世の故郷も闇の子ナチの狂気に蹂躙された緑の野も目の当たりにして

聖地バドヴィツエ8月1日午前8時、キエルチェ教区を離れて巡礼の最終段階へ。日本ではアウシュビッツで通っているが、これはドイツ人がつけた収容所...

記事を読む

誰も聞いてくれないときは小鳥たちが聞いてくれた

ポーランドから突然フランシスコの故郷ウンブリア平原に心はせながらラウダート・シ

創造の福音ラウダート・シ読了。WYDは一時中断して2章から少し紹介したい。2章のタイトルは「創造の福音」。「聖書の中の創造記事は…密接に絡み...

記事を読む

四日間お世話になったベルナディンのシスターにもお礼

WYDはボクにとって何だったのか(7)本大会(7/26-31)の5日間から

メインイベント始まる7月31日(日)主の復活の朝に合わせた形でWYDは閉幕する。今日がその日。参加者にとってはもっとも印象深い一日となるはず...

記事を読む

WYDはボクにとって何だったのか(6)本大会(7/26-31)の5日間から

修道院の三日間始まるWYDは、前にもふれたと思うが、教区の日々、カテケージス、そして教皇と過ごす日々の三部からなる。教区の日々は参加自由とな...

記事を読む

宴会好きのおじさん、ポーランドバージョン

WYDはボクにとって何だったのか(5)本大会(7/26-31)の5日間から

マリア様とザビエル様と平和、そして私たち昨日の聖母被昇天祭はユネスコとの共催である”平和の鐘を鳴らそう”(4:30)にはじまり、5:00調度...

記事を読む

日本でも見たことあるように思うがあざやか

WYDはボクにとって何だったのか(4)、滞在3日目のキエルチェから

おもてなしそうそう、中二日置いて思い出した。キエルチェ教区三日目の夕食は歓迎会の会場となった信者のレストラン。ホームステイ組は、毎日のように...

記事を読む

クラクフのあちこちの教会で見かけたネギ坊主?

自動車学校の適性検査にはすべて一理あるので必死になるのだが

突然ですがポーランドは今日はお休み。書き始めたものの旅疲れで三回目にしてダウン。一日置いて様子を見たがますます悪化の一方。お盆休み前にと思っ...

記事を読む

WYDはボクにとって何だったのか(3)、滞在3日目のキエルチェから

登山巡礼昨日は、聖十字架山巡礼は実現しなかったが、今日は、大急ぎで山とクラクフ旧市街にある「宮殿」めぐりを紹介したい。7月25日ホストファミ...

記事を読む

カテドラル前の広場には大きな丸い花の植え込みがいくつもあって街並みを引き立てる。

WYDは僕にとってなんだったのか(2)、滞在2日目で見たポーランドから

豊かな国ポーランド25日(月)聖十字架山に遠足。朝食の果物は、バナナ以外司祭館の裏で採れたもの。杏子にブルーべリー、ブドウにトマト、そいてリ...

記事を読む

1 12 13 14 15 16 17 18 54