聖なる三日間の2日目は三部構成ーみことばの祭儀・十字架礼拝・聖体拝領

主の受難は時空を超えて今夜のみことばの祭儀は印象深かった。福音はヨハネによる受難。解説のNさんが感極まって声を詰まらせたからだ。「成し遂げら...

記事を読む

信徒の指導の下10数年ぶりとなる小教区での聖なる3日間が始まった

異国でも信仰順守午後7時、最後の晩さん記念のミサ。ミサ前に2人のベトナム人女性が赦しの秘跡。「あなたの言葉は分かりませんが、神様は分かるので...

記事を読む

少し大げさだがネット宣教、指宿教会で本格始動。拠点は教会HP。

聖週間の聖なる3日間の初日となる今日の聖木曜日から「今日のひと言」も発信開始。トップページから読めるようになっています。

記事を読む

12年ぶりとなる小教区での司牧活動初日となった受難の主日のミサで感じたことは

母国を離れて受難の主日の今日のミサに参加したのは地元信者を始めフィリピン人6名にベトナム人1人という総勢20数名のインターナショナル。印象的...

記事を読む

新制度移行3回目となる入園式。藤の花も満開の春爛漫、晴天に恵まれ親子も晴れ晴れ

異色の2歳児指宿白百合幼稚園の入園式に招かれたことはあるが、当局側としての入園式は初めて。隣に座った後援会長さんも「初めてで緊張しています。...

記事を読む

どうでもいいことだが、初めての司祭館での生活に大満足でも温泉となると

最後のボーナス?百戦錬磨といえば大げさだが、年季がいっているだけに、どんなところに移動になろうと住む場所に不満を抱いたことはない。今回の久し...

記事を読む

30分の始園式終了後に出会った人生わずか2年の男の子の不思議

強い手強い足強い心気に入らないことがると猛然と抵抗してついには床に仰向けになって非暴力抵抗の自己主張。ホールをでたところで廊下に座り込んで駄...

記事を読む

鴨池教会に限ったことではないが半日黙想会の問題と意味

黙想会再考まるで何かの論文のタイトルみたいだが、昨日の鴨池教会四旬節黙想会に行ってみて改めて思うことだった。というのも、このところ、招かれる...

記事を読む

「園長ブログ」は只今申し込み中。それでも、徒然なるままに書くのは幼稚園のこと。

真っすぐがいい11人分のテーブルが置かれた広い職員室の奥のテーブルが園長席。目の前では、先生たちが、12日の入園式に向けての準備に余念がない...

記事を読む

スナップで綴る古里奄美の自然に癒やされた4泊5日の里帰り旅

生活の場猛毒を持つハブ「アタリ」(禍)に遭遇することもなく山野を駆け巡って過ごした子どもの頃の日々が、村の変貌にもかかわらず、シマの深い緑の...

記事を読む

1 13 14 15 16 17 18 19 94