チチコグサもどき

聖なる過越しの三日間は主の晩餐のミサ、主の受難、そして復活の聖なる徹夜祭の三点セットで

説教音声のみです。

記事を読む

山にいるはずのキジバトが街中でリラックス

60数名の信者が見守る中、司祭の約束を更新した35名、一歩踏み出したアドゥスム

聖香油ミサ従来、聖香油ミサは聖木曜日に執り行われていた。各地から集まった司祭たちは、ミサが終わると聖別された油を携えてあわただしく帰ったもの...

記事を読む

オドリコソウ。友人に教えてもらった。

土砂降りの中で50名もの新入園児を迎えたのはやはり57名の在園児たち

小さな再会加世田聖母幼稚園の卒園式に入園式、初めて二つとも出席することができた。本当はこれが理想的だと思うが、何しろ8つの幼稚園それぞれの都...

記事を読む

人吉の桜も部分咲

快晴下、浮かれた花見ドライブからの帰館を待っていたのは日本の国の大モンダイ

ソンタクの話「パン屋」が「和菓子屋」に、「アスレチックの公園」が「和楽器店」に書き換えられてはじめて道徳教育の教科書が検定を通過したという。...

記事を読む

祭壇の花と十字架のイエス様が印象的

厳しい修行の場も今では文字通り子供の天国、8年間の吉野は心の故郷

週末って?多忙な週末だった。どうでもいいけど、「週末って金、土のこと?それとも日曜日も?」辞書を引くと「1週間の終わりの頃。金・土から日曜日...

記事を読む

平和の園の桜は満開

恒例の合同辞令交付式はあいにくの雨にもかかわらず92名も参集

認定こども園カトリック大隅学園と聖マリア学園、どちらも鹿児島教区所属でそれぞれ四園の統括運営に当たる。ことに前者は厳しい運営状況を強いられ長...

記事を読む

階下一番乗り

春は名のみと口ずさみながらボクにはまだ上下の防寒対策は手放せないと感じた屋上散歩

春爛漫でも昨日は終日雨で大口明光学園での会議に車を走らせるのは気が重かったが、空港前の高速道路の土手に植栽されているコデマリの並木が満開で心...

記事を読む

早咲き?シンビジューム

つらいことに直面するたびに私の中で働かれる主を思い主と共に何ができるかを考えます

私の夢「私の夢は手話法案が通ること」と話すのは生まれつき耳の聞こえないフィリピン人のアナ・アルスさん。マニラの大学で学び、2014年からは同...

記事を読む

一番先のモッコウバラ

フィリピン初の女性銀メダリストは重量挙げの力持ちクリストフォロス(キリストを運ぶ人)

アジアが身近になる月刊誌ワールドミッションという英文の月刊誌がフィリピンから届くようになって久しい。予約購読を勧められたので尻込みしたものだ...

記事を読む

あまり見かけないマリア様だった。

幼稚園改革ですべて一新。開園して50年たっても第一回卒園式。歴史のはざまで巣立った21名。

二つのクラス最後の卒園式は加世田聖母。これも正式には、カトリック聖マリア学園認定こども園加世田聖母幼稚園となる。ここでは、卒園証書ではなく保...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 51