托鉢僧にあやかってミニずだぶくろを肩に町を行くと人が振り返る

ずだ袋突然だが、ずだ袋の話。聞いたことはあるが、めったに使わない。しかし、イメージとしては、なんでも入る大きな袋。その通りで、実は、お坊さん...

記事を読む

2019年に「届け出あった行方不明者、最多は10代」大阪府警発表

最多は10代ネットからの情報だが、2019年に届けがあった行方不明者は7399人。中でも「10代の1452人が最多」だったという。毎日4人の...

記事を読む

信仰の基本的なパターンを教えたアブラハムは信仰の父として今も健在

信者の合い言葉一族と別れて古里を後にしたアブラハム一家の足跡こそ、離れて従う、という数千年にもわたって引き継がれてきた信仰のパターン。それは...

記事を読む

笛吹けど踊らず。温暖化対策に消極的な日本に今年は昨年以上のウルトラ台風が襲来する

先日のBSによると、地球温暖化の速度はかなり速まっているらしい。カナダ、インディアンの居留地の海岸線がこの10年(だったか)で800mも後退...

記事を読む

いつもの倍の参加者の理由がなんとなく読めた四旬節第一主日

これだけ?と思いきや、ふたを開けてみたら兼ねての2倍以上、席がほぼ埋まった。嬉しい誤算。何故かベトナム0。フィリピン9名。ミサ後のカテケジス...

記事を読む

肌寒い昨日、子どもたちは避難訓練に挑戦し、三角公園での遠足を楽しんだ

避難訓練園庭での点呼の後、15分ほどの道のりをロータリー公園まで「逃げた。」住宅街の中の一方通行では、車に遭遇することもなく、避難経路として...

記事を読む

天皇誕生日代休の今日宇宙をつかんだ吉日、子どもたちへのビッグな贈り物

再び鏡池代休となった今日、午前中は達人とメールでやり取りし、教会報の原稿を仕上げ、午後、鏡池に出かけた。今回の目的は、御領ヶ池のジュウニンた...

記事を読む

勧善懲悪の文化にチャレンジする今日の福音「敵を愛しなさい」

敵を愛しなさい「死刑にして欲しい。」相模原市の施設で沢山の人の命を奪った犯人に対する遺族の言葉だ。誰もが、「そうだ!」と叫びたくなるのではな...

記事を読む

今朝の新聞は目をひく記事が多かった。一点を除いて、希望を抱かせるもの三つ

痛みを共有しようとする一週間のうちで一番ホッとするのが土曜日の朝、ミサ後の朝食。ニュースの後はコーヒー片手に新聞タイム。一番興味をひくのが、...

記事を読む

早い春の陽気に誘われて今日も鳥たちの世界に分け入った

今日出合った皆さんいつものコースをたどりはじめてまもなく、ジョウビタキの雄が挨拶に見えたかと思うと反対側では♀がひょいと現われ...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 94