2022-01-05

それでも!Blog

2022年野鳥たちもそれぞれの新年を思い思いのポーズで迎えていた

失望を少し笑顔にしてくれたマガモたち 今日も御領ヶ池は人気なく、イヤ、トリ気なく失望。いるのは「何時ものカルガモだけか」と思いきや、奥の方に目をこらすとシンクロナイズドの鴨が2羽。これはカルガモではない!エサの貝や水草をとるマガモの得意技...
タイトルとURLをコピーしました