川べりにも磯ヒヨの雄たちが何羽もいた。

水との出会い

久しぶりに甲突河畔を散歩した。水量が増していた。水量が増していなくなるのが水鳥たち。先週の稲荷川も、満潮の上に数日前の大雨のせいで上流までか...

記事を読む

kamo

納骨式

「アー貴方でしたか!」待ってた人ではなかったのでがっかり。正直と言えばそうだが、久しぶりなんだからもう一言あってほしかった。「アーコレです!...

記事を読む

ekinohana

魔の土曜日?

1日9時、阿久根聖園(みその)老人ホーム新築移転3周年記念ミサ。新幹線とオレンジ鉄道を乗り継いで15分前に到着。60名の定員に32名の職員。...

記事を読む

navona

盆栽と出会った

「盆栽みたい」と言えば、「整いすぎてかえって不自然」という意味合いになると思われる。なかなか整った生き方が苦手で、好きなように生きたい自分と...

記事を読む

日本のカンナとは色が違う。

ティンプゥ教会で

19日の日曜日は豊年祭のあと、花蓮に向けて海岸線を2時間のドライブ。山が海岸近くまで迫って、週末には海を見るために多くの人がやってくるという...

記事を読む

karasumi

頭目は信者

19日のアミ族の皆さんとの主日のミサ後の海鮮料理のお昼で、種子島でよく食べたナガラメが真っ先に出てきたのには驚いたが、何よりも驚いたのは、高...

記事を読む

frferie

新しい一歩

42名もの宣教奉仕者が選任された。奄美宣教始まって以来の出来事。1891年にフェリエ神父様来島以来の宣教はもっぱら宣教師たちの働きによるもの...

記事を読む

1 2 3 4 31