image

ザビエル様擁護論

ザビエル様が孤軍奮闘、ついに力尽き傷心のうちにインドを離れ、マラッカに向かわれた。そんな理解を促す記述には、前回述べたように違和感がある。そ...

記事を読む

namaefumei

ヒョンなことからザビエル様

「ルルドの聖母の祝日おめでとうございます」の挨拶で始まるMEインド代表からのメールは各地でのウイークエンド開催やお祈りの依頼など様々なカラー...

記事を読む

iruka

新聖堂献堂

久しぶりの国分教会訪問は献堂式。献堂式は三回目。種子島に赴任した1978年の翌年だったか、小さな中種教会献堂式が一回目。前任司祭がおぜん立て...

記事を読む

頑張る明光生

やっぱりあった

洗濯はミサ後の朝6:30過ぎと決まっている。もちろん毎日ではないが。今朝は快晴。早速4階に上がって洗濯機を回した。ミニ盆栽に水をやるべく外に...

記事を読む

病人訪問の帰り道に見かけた春一番。

細部に宿る神

昨日と今日、正平協勉強会。正確に言えば、カトリック正義と平和協議会錬成会。テーマは「福音ってなんだこれだ!」。ちょっと変わったタイトルだが、...

記事を読む

icchi

それでも、始まりに乾杯

今日は日本二十六聖人の祝日。「群衆の中のキリスト者の一人が彼に向かって『君は間もなく楽園に入るよ』と叫ぶと、ルドビコは腕と体全体に喜びをみな...

記事を読む

叙階十周年のプレゼント。

レンズはレンズでも

カメラのレンズが欲しい。花や野鳥を遠くから見るのでなく、手元で子細に観察したいというのが長年の夢。中古の300㎜を手に入れたのは2,3年前。...

記事を読む

ベトナムで見かけた小さなバラ。

情けないやら…

修道女連盟ミサ。はて、何のためのミサだったのか。とりあえず、主日のミサの典礼で説教の準備。第一のエレミヤ書も魅力的。「あなたは腰に帯を締め…...

記事を読む

修道院建設予定地でとれたバナナ。

溝辺からコントゥム

「落成のときは飛んできてくださることを楽しみにしています。」「聖血礼拝会修道院ができたら、又、いらしてください。」昨日発った二人のシスターか...

記事を読む

薄い小さな花弁はかなり傷ついている。

寒中お見舞い

この寒さで、葉書投函以外は引きこもり状態。洗濯もため込んでいるので、日がさしても屋上に出ることもない。司祭大会中止で手持無沙汰二日目の今朝、...

記事を読む

1 2 3 4 32