かつては海だった潮見の路傍に咲く菜の花

初任給の日にちなんでジュンペイ君にエール

25日読売新聞朝刊編集手帳より。<ケビン・デュラント。バスケットが好きな人なら知っていると思うが、アメリカ人でバスケット界の大スターだという...

記事を読む

手作りの愛のこもった昼食

ゆらい愛にYoucatの老若男女はイエス様大好き

連休?後の土曜日は、11時、ゆらい愛ミサ、お昼の後の1時間の講話。そして、3時のミサはyoucatの中高生多数。連休?明けの土曜日は結構多忙...

記事を読む

植えたばかりのエニシダの木に花が咲いた。

烏をめぐる雑学の楽しみ

彼が22歳の時に、偶然立ち寄った本屋で「ソクラテスの思い出」に感銘を受けた。昭和初期の神田の本屋街でのことではない。イエス様以前のギリシャの...

記事を読む

カラスの教科書を読んだので。これは、ハシボソガラス。

新進気鋭の科学者が消された本当の理由は?

疑うことを知らない純情無垢。それだけではない。争うこともなく、妬まず恨まず無私無欲。世間を知らない中学生のことではない。ハーバード大学にも留...

記事を読む

bara

地球全体が悲鳴を上げているよう

「…わたしたち司教は、ペトロの後継者としてのつながりを通して、霊的に強い絆で結ばれた兄弟として与えられた司牧地で神の民のために働いています。...

記事を読む

shouhin

三世代YOUCATは班集会の原点

高一、中三、中一それぞれ一人。小五、小三各一人。この5人はいとこ。主任司祭当時、教会学校の生徒で2年生と4年生だった姉妹の子供たち。感慨深い...

記事を読む

狭い日本、ひしめき合って当たり前。

子供の声は騒音ではない!天使の奏でる癒しの音楽!

100人余りの子供が入園できないのは、周辺住民の理解が得られないから。行政の指導のもと進めてきた街中の保育園。便利で、誰もが両手を広げて歓迎...

記事を読む

二年目にしてようやく咲いてくれた

大司教さんと秘書の神父さん、バチカン奮戦記

常任司教委員会というのがあって、まあ、役員会みたいなものだと思えばいいのだが、毎月の議事録がひと月遅れで届く。大抵は、報告や審議されたことに...

記事を読む

道端でひっそりと、しかし凛として気高く

新年度初の司祭会議は盛りだくさん

今日の司祭会議は30数名。転勤疲れにもかかわらず、欠席者は3人だけ。取り上げられた話題は9項目にも及び、珍しくお昼過ぎまで。いくつか紹介しよ...

記事を読む

seibo

子供の園はみ言葉に生かされて

入園式行脚最後の今日は対岸の垂水。幼保連携型認定こども園・カトリック垂水幼稚園。鹿屋同様名前が長い。入園式を迎えた子どもたちは37名。30数...

記事を読む

1 2 3 4 35