お楽しみだったはずのタイの野鳥たちの名前の特定は意外と難しいことが分かってフーッ

写真でも判別は難しい18日タイから帰国して、早速、撮影した野鳥たちの特定に取り組んだものの、これが結構難しい。「タイの野鳥」と検索すると、先...

記事を読む

タイからの最後のブログはフライトまでのたっぷりの待ち時間の有効活用のつもりだったが

ハラ一杯タイを去るにあたり何が一番印象に残っているかと聞かれたら、第1の目的だった野鳥撮影。綺麗な小鳥たちに沢山出会った。帰ってから一つづつ...

記事を読む

日の出とともに目覚めた野鳥たちの動きは8時ににもなるとめまぐるしさを増し気が置けない

聖地で再会ワット神父さんがミサから帰るや否や「行くよ」と促されて出かけた目的地は1人のカテキスタに2人のシスター、1人の主婦と2人の少女が殉...

記事を読む

タイのミサは典礼を超えて日常生活の姿そのものが反映された生活そのもの

4時半起床階下の物音も隣室から漏れてくるように感じるほど開放的な手作り家屋。5時半に起き出した時は階下のワット神父さんの部屋からは物音ひとつ...

記事を読む

広々とした田園が広がり、さまざまな野鳥が飛び交うタイの東北サコンナコンはボクのリゾート

野鳥の天国ここは野鳥の楽園。鬱蒼と茂る大きな庭先のマンゴーの木には花芽をついばもうとメジロがせわしく飛び交い、写真でしか見たことのない野鳥た...

記事を読む

4年ぶりのタイは長い雨季の後の乾季。夏日の毎日かと思いきや!

鹿児島も雪国今朝7時半過ぎ、駅に着くや雪の歓迎。教会を出た時は小雨だったのに。川内までの山あいはかなりの積雪。北上するにつれ山々はもちろん畑...

記事を読む

今日は主のご公現、東の国の博士らがやって来た日、ヘロデ王の奸計を逃れた日、教会ではクリスマスセットが姿を消す日

主のご公現早いものでクリスマスが過ぎたかと思うとあっという間に年末に新年、そして今日は主のご公現。東方の国から博士たちがやってきたことを記念...

記事を読む

ME新春特別プログラムは曇りのち晴れの成功裡に終了。9月のアジア会議に向けての幸先良い滑り出し。

九州地域会一気呵成にことをこなす忙しないライフスタイルに終止符を打ったつもりだったが、葬儀から帰った金曜日の翌日と今日の二日間、5組の夫婦た...

記事を読む

葬儀ミッションの日々は7人の甥姪たちとの寝食を共にした濃厚な触 れ合いの中で新たな始まりの予感

創世記今回のミッションの成果の一つは2人の子供の母親となった末っ子の姪の改心?ミサの説教に対する反応がなかなかいい。「葉っぱではなく幹の話し...

記事を読む

あれよあれよという間にクリスマスが過ぎ束の間のオフの日も時ならぬ訃報で帳消しも神様の深い計らいに感謝

2018年明けましておめでとうございます🌅あたふた葬いミッションこちらは、あたふたと義兄の葬儀に駆けつけ、かつて義兄から重症...

記事を読む

1 2 3 4 61