天空橋 - 見事な大虹はまさに天空橋。

あれもこれも

数年前、ある国では、トイレはなくても携帯はもっている、という記事を読んで、携帯が急速に普及したことに対する揶揄めいた笑い話ぐらいにしか思はな...

記事を読む

おもてなし - 久しぶりに会う甥の手料理はスパゲッティ。ルーは肉を使わずあっさり味のボク向きに。絶品。レンコンのスライスフライは酒のつまみに。これまた美味。

ME参加者にはよく分かる話

連日、と言っても2日間だけだが、10時ごろまでのセッションはやはり疲れたらしい。今朝起き出したのは9時半。今回のMEでボクにとってもっとも意...

記事を読む

遅れチケット - 35分が50分発になっていた!

カクカクシカジカ

羽田行きは12:35。手元のシートには12:50とあって驚いた。「すみません。12:25に空席があったら代えたいのですが。実は、カクカクシカ...

記事を読む

もう一つの歴史 - 右の写真は立正佼成会一食平和基金で再建されたナザレ園。

ナザレ園のこと

慶州ナザレ園。聞いたことがあるようにも思うが、思いがけなところからかなり詳しいことを知ることができた。いつも機関誌を贈呈してくださる立正佼成...

記事を読む

オンタリオ湖畔 - 昨年5月半ば、浅い春の頃、仲間の司教たちと高齢の恩師を訪問した時に寄ったスルピス会の保養地。川はオンタリオ湖から流れ、モントリオール、ケベックと下ってセントローレンス川となる。「道路が突き抜けそうな家」は休憩所。

チケット騒動とMEと描き初めと

またやってしまった。いや新年早々というわけではない。10日―12日、宝塚市の黙想の家でのMEが入ったのは昨年夏ごろだったか。早めの予約だとシ...

記事を読む

タイの公園 - 古代のタイ王国の野外博物館の一角。

のんびり三が日

のんびりと三が日が過ぎていく。のんびりついでに、お絵かきを三点。この二カ月ほど一度も行かなかった分少しでも取り戻そうと我ながら健気。「絵にな...

記事を読む

三献(サンゴン)料理 - 奄美の正月に出される料理で一の膳はもちの吸い物、二の膳は刺身、三の膳は 豚の吸い物。一つ済ますごとに焼酎をいただく。これは二と一が同時に出された。

謹賀新年

小雪ちらつく南国鹿児島から2015年の新年のご挨拶を申し上げます。明けましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。10...

記事を読む

疾駆---おびただしい数の無料イラストからこの馬が気に入った。駆け抜ける勢いがいい。

では、新年に会いましょう!

この一年もつつがなく過ごすことができたことを神に感謝しながら皆さんに幼子イエスからの祝福が沢山あるよう祈ります。ありがとうございました。来年...

記事を読む

紙ゼロ実現 - 自治体としての快挙と評価したい。そんな、進取の気風のせいか、人口は毎年増加の一途をたどる。

紙ゼロの快挙

タブレットによるペーパーレス会議の実現。オッ!思わず足を止めた。いや、目を止めた。静岡県の焼津市人口約15万人。自治体で初めて、全職員にタブ...

記事を読む

シンビジューム - 放置されても美しく咲きたい。

それでも咲いた

春先のような陽気に誘われて屋上に出た。一年中顧みられることなく放置されたままのシンビジュームたち。霜焼けによる変色と思われる黄色くなった葉が...

記事を読む

1 45 46 47 48 49 50 51 57