納骨式

「アー貴方でしたか!」待ってた人ではなかったのでがっかり。正直と言えばそうだが、久しぶりなんだからもう一言あってほしかった。「アーコレです!...

記事を読む

魔の土曜日?

1日9時、阿久根聖園(みその)老人ホーム新築移転3周年記念ミサ。新幹線とオレンジ鉄道を乗り継いで15分前に到着。60名の定員に32名の職員。...

記事を読む

盆栽と出会った

「盆栽みたい」と言えば、「整いすぎてかえって不自然」という意味合いになると思われる。なかなか整った生き方が苦手で、好きなように生きたい自分と...

記事を読む

日本のカンナとは色が違う。

ティンプゥ教会で

19日の日曜日は豊年祭のあと、花蓮に向けて海岸線を2時間のドライブ。山が海岸近くまで迫って、週末には海を見るために多くの人がやってくるという...

記事を読む

頭目は信者

19日のアミ族の皆さんとの主日のミサ後の海鮮料理のお昼で、種子島でよく食べたナガラメが真っ先に出てきたのには驚いたが、何よりも驚いたのは、高...

記事を読む

新しい一歩

42名もの宣教奉仕者が選任された。奄美宣教始まって以来の出来事。1891年にフェリエ神父様来島以来の宣教はもっぱら宣教師たちの働きによるもの...

記事を読む

台湾巡礼2

ツービエン(知本)温泉での”プユマ族の皆さんの日本文化”との衝撃的な出会いの後で待っていたのはアミ族の皆さん。地名は長浜(ながはま)でも丘の...

記事を読む

シャカトウ

日本語のワケ

プユマの皆さんの日本語で歌う唱歌には胸が熱くなったが、聞いたことのない歌もいくつかあって、しかもメロディーは原住民のもの。学校の先生たちが田...

記事を読む

小学校唱歌

2日目は、高雄をさらに南下すること1時間余り、尻尾の付け根のあたりを左折して横断。目的地、曾司教様の教区である東側の台東県へ。やはり1時間あ...

記事を読む

台湾巡礼1

巡礼4日目、ようやく、書く時間が取れた。初日の五つ星ホテルには快適過ぎて驚いたが、この2日は巡礼にふさわしい宿。ともあれ、今回の巡礼の目的は...

記事を読む

1 45 46 47 48 49 50 51 69