「寄り添う」考1

カトリック北薩大会。異国情緒に満ちた佇まいの純心女子大学で開催。父の日の幼稚園行事と重なったこともあり、また田植えの最盛期とあって昨年よりも...

記事を読む

ME司祭のすすめと上野と

待望の司祭誕生。といっても叙階式のことではない。MEのチーム司祭のこと。2時のミサでの派遣式された。ボク以来ということは25年ぶりということ...

記事を読む

典礼のおさらい

1日空いたが新しい典礼総則の勉強会を書き留めておきたい。お隣潮見教会での司教ミサの実習は、札幌の司教さんがミトラ(儀式用帽子)をかぶり、バク...

記事を読む

回勅

「私の主よ、あなたは称えられますように私たちの姉妹である母なる大地のために。大地は、私たちを養い、治め、さまざまの実と色とりどりの草花を生み...

記事を読む

タイムスリップ

「よう、シボッタね。」久しぶりに再会した友人の第一声。一瞬、なんのことかと思ったが、丸みが増した彼にしてみれば「羨ましかね」と言いたかったの...

記事を読む

なんとかして欲しい

思い込みが強いという自己評価は修正の必要があるかも、と真剣に考え始めている。土曜日の名古屋が9時55分発。バスは8時半。1日おいた今日の東京...

記事を読む

シンポジューム2

シンポジューム2といっても、今年2回目とという意味。5月の前回は知り合いのお坊さん主催、今回は社会司教委員会主催。「現代世界憲章から何を学ぶ...

記事を読む

着座式

午後1時着座式ミサ開始。といっても、大汗をかきかき香部屋からのお忍び入堂。話せばば長くなるのだが…。空港から名古屋市内まではスムーズそのもの...

記事を読む

それぞれに

梅雨の晴れ間の曇り空。シスターたちの養護施設から届けられた花の苗移植2時間。たっぷり汗をかいた。サルビヤに日日草ほか7,8種類の花の子供たち...

記事を読む

幻の坊がつる

人みな花に酔うときも残雪恋し山に入り…。坊がつる賛歌の歌いだしだ。「坊がつるにミヤマキリシマを見に行こう。」友人夫婦と2泊3日の旅を計画した...

記事を読む

1 45 46 47 48 49 50 51 67