レヒナ神父さん安らかに

1934年11月14日、西ドイツ生まれ。25歳で司祭叙階。4年後の29歳で来日。1963年11月21日のことだ。飛行機ではなく船。3年後には...

記事を読む

手元に戻った完走証とメダル。

インターフェイス駅伝

全日本仏教会からの分厚い封筒。「お、早くも来年の募集要項が来た!」と胸を高鳴らせながら、全走者の顔写真入りの実施報告書と共にホテルでの閉会式...

記事を読む

谷山教会祭壇横の十字架。

来日50周年

50年前といえば1965神学校入学一年後ということになる。すべてが新鮮で、ワクワクしながら長崎からの仲間たち13名の同期生と競うようにラテン...

記事を読む

機内から見た夕暮れ。

奄美初

初めてとなる奄美でのマリアポリ、名付けてマリアポリin奄美。鹿児島では1日マリアポリが毎年のように開催されているが、2日間というのは初めて。...

記事を読む

灰色になった!

天文館に洗車!いや、戦車!もちろんキャンペーン用。幸いというか、そんなに人だかりがしているわけではなかったが、若者が興味深そうに観察したり、...

記事を読む

バラ色の夢

耳寄りな話。というより、夢のような話と言ったほうがいいかもしれない。AI、突然言われても何のことか分からないと思うが、ArtificialI...

記事を読む

エンカレッジコース

今年も約200名の教職関係者が集まった。校長・理事長・総長管区長の集い、という長い名前の会議。司教はないのに司教も出席?カトリック学校である...

記事を読む

機上平和論

5月、6月と平和を巡ってのシポジュームが二つも準備され、どちらにも顔を出す羽目に。それでは、というので今時の憲法改正問題と取り組むことに。そ...

記事を読む

野草と遊ぶ

我が聖書の植物の庭には、おそらく聖書の植物以上の野草たちが生息している。雑草という植物はないということをずいぶん前に聞いたこともあって、それ...

記事を読む

ついに名前が

念願の名札授与式。といっても、聖書の植物たち10本のことだが。iPadの聖書で検索すると、聖書の箇所と同時に何か所に登場するかもわかる。たと...

記事を読む

1 45 46 47 48 49 50 51 64