お泊り保育、おやつ調達ミッションはハイテクレジとの遭遇だった

おやつ調達同行今日明日のお泊り保育、お御堂でのお祈りの後で出かけたおやつ調達。予算は1人200円。好みのものを物色して先生のもとへ。スムーズ...

記事を読む

久しぶりの奄美ユーキャット、3年生の一学期を終えた高校生たちはすっかり大人びていた

奄美ユーキャット3つの特徴奄美ユーキャットの特徴は司祭1,青年2という支えのスタッフが充実していることだ。もう一つの特徴は、部活を終え、お腹...

記事を読む

アカペラでも主日のミサは聖歌が高らかに歌われ久しぶりにアマナミンも

「共同祈願」再考を梅雨の激しい雨にたたられたこの二つの日曜日をおいて、今日、久しぶりに山川で働くベトナム人女性たちが姿を見せた。若いのに信仰...

記事を読む

カルガモ親子は姿を消しても役者交代で退屈させない自然の営み

親子失踪カルガモ親子発見から2週間が経った。成長した姿に会いたいと、時間を見ては通っているのに、どういうわけか、全く姿を見なくなった。二羽の...

記事を読む

長崎,五島地方の豪雨には申し訳ないが白百合幼稚園の子ども夏祭りは大盛況

夏祭りは楽し2時集合の2時半開始の恒例の夏祭り、予想外の人出の多さに定刻前にオープン。そろいのはっぴを着た子どもたちによる“アラレちゃん音頭...

記事を読む

久しぶりの好天のもと久しぶりの30キロソロツーリング

専用道路は夢のまた夢?今回の目的地は開聞町にある枚聞(ひらきき)神社。実はそこの宮司さんとは諸宗教懇和会の役員という間柄。4年も5年も顔を合...

記事を読む

変幻自在のカルガモ親子の処世術というか護身の術に翻弄されて…

変幻自在護身の術前回も取り上げた二羽のカルガモの子育て。あの多産系のカルガモたちがどうして一羽づつなのかいまだに謎は解けないが、子どもを守る...

記事を読む

感動の話題はJリーグから、楽しい話は遠い国イギリスから

ガンバレあびこ君!今朝のネットニュースから。40歳でもなお夢を追い続けるJリーガー。高校3年生でブラジルにサッカー留学。20歳で帰国。希望の...

記事を読む

子どもを守ろうとする野鳥の本能にも劣る人間親の劣化が哀しい

カルガモたちは親になる資格のない人間が子どもを産む。そして放置する。そして死に至らせる。極悪非道!と罵りたくなるのはボクだけだとは思えない。...

記事を読む

ついに多言語での主の祈り、今朝のミサで完全実施に成功

多言語で主の祈り成功という表現はふさわしいとは思えないが、言い出しっぺの司祭の失念で、何度か失敗してきたからだ。今日は、ベトナムの少女たちも...

記事を読む

1 2 3 4 5 6 7 8 87