2020-04-06

それでも!Blog

カミガミのない世界を標榜している身としても毎朝の新聞は楽しみの一つ

新語考案 今朝の南日本新聞二つの記事には大変興味深いものがあった。先ずは、多士才々というラム。まず目にとまったのが「現象学者」という著者の肩書き。何かの現象を研究する科学者かと思ったらまだ若い哲学者だった。どんなことにしろ、「自分...
タイトルとURLをコピーしました