クリスマス後の聖家族の祝日。独り身の人にとっても意味深い

聖家族に倣う

祭壇横の生け花にはもう春が

祭壇横の生け花にはもう春が

クリスマスの日曜日に聖家族の祝日が来るのは、自然なことと言えばそうだが、家族がいない独り身にとってはどんな意味があるのか。答えのヒントは、やはりマリア様のなれかしではないか。クリスマスはマリア様とヨセフ様の2人のなれかしで始まったという話をしたと思うが、今朝の福音にはヨセフ様の二つのなれかしが出てくる。一つは「起きて、子どもとその母親を連れて、エジプトに逃げ」なさいという天使のすすめに従ったこと。もう一つは、「起きて、子どもとその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい」という天使のすすめに従ったこと。私たちのなれかしがあって、幼子救い主が私たちに中に誕生される。そのことなしに、聖家族に倣うことはできない。*ここまでは録音なし。途中で気がついたので補足。次回はタイの田舎から。

ミサの説教音声

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする