クリスマス後の聖家族の祝日。独り身の人にとっても意味深い

聖家族に倣う

祭壇横の生け花にはもう春が

祭壇横の生け花にはもう春が

クリスマスの日曜日に聖家族の祝日が来るのは、自然なことと言えばそうだが、家族がいない独り身にとってはどんな意味があるのか。答えのヒントは、やはりマリア様のなれかしではないか。クリスマスはマリア様とヨセフ様の2人のなれかしで始まったという話をしたと思うが、今朝の福音にはヨセフ様の二つのなれかしが出てくる。一つは「起きて、子どもとその母親を連れて、エジプトに逃げ」なさいという天使のすすめに従ったこと。もう一つは、「起きて、子どもとその母親を連れ、イスラエルの地に行きなさい」という天使のすすめに従ったこと。私たちのなれかしがあって、幼子救い主が私たちに中に誕生される。そのことなしに、聖家族に倣うことはできない。*ここまでは録音なし。途中で気がついたので補足。次回はタイの田舎から。

ミサの説教音声

Podcast---最近の5エピソード

※プログラムの都合上ここに最新号が反映されるまでにおよそ7時間かかります。今すぐ最新号を聴きたい方はこちらをクリックしてご確認ください。

  • 2月24日ミサ説教音声
    ヤコブ3.13-18「あなたがたの中で、知恵があり分別があるのはだれか。その人は、知恵にふさわしい柔和な行いを […]
  • 2月23日ミサ説教音声
    マタイ5.38-48「- 敵を愛しなさい 43 「あなたがたも聞いているとおり、『隣人を愛し、敵を憎め』と命じ […]
  • 2月22日ミサ説教音声
    マタイ16.13-19「人々は人の子のことを何者だと言っているか。」....「あなたはメシア、生ける神の子です […]
  • 2月21日ミサ説教音声
    マルコ8.34-9.1「・・・自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために命を失 […]
  • カワラヒワの鳴き声
    車の音も入って聞き取りにくいが。
------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする