すったもんだの挙句、同名の郡山にひかれて羽田に飛び、東北新幹線で郡山市に着いたのは、家を出て7時間後の5時半。

85点!

自動車学校で受けた認知検査は85点。神学校時代もあまりとったことのない点数なので嬉しかった。これで、胸を張って免許更新に臨めることになるのだが、一つ気になることがある。物忘れがひどいのだ。お陰で無駄が多い。無駄な時間、無駄な出費。今回の場合だと、両方いっぺんにやってしまった。昨日、お泊まり保育から昼前に帰り、早速、ブログをアップして引越し準備の続き。

どこかの回路不全

とそこまでは順調だったのだが、さて、「明日から東北郡山市での研修会」と思考回路を切り替えた途端、「カトリック幼稚園協会の全国研修会」と回路が自動的に動き出した。JALからは「ご搭乗のご案内」メールが届いていたので東京まではいいとして、その先の新幹線もなんとかなるとして、手元に研修会案内の書類が見当たらない。だから、会場となるホテルが特定できない。これも、郡山まで行けば、大きな町でもなさそうなのでなんとかなると思われる。それにしても悔しい。「どうも幼稚園に置いてきた気がする」ので車を飛ばした。ナイ!残業の先生にも心配をかけることになったが、「大丈夫、なんとかなる。」ということで、昨日はここまで。数日ぶりにマシンでの速歩と自転車で1時間たっぷり汗をかき、ノンアル片手にテレビの前で小一時間。そして快眠。

郡山の神父様お許しを

人口30数万は鹿児島の半分。駅も小ぶり。

人口30数万は鹿児島の半分。駅も小ぶり。

明けての今朝8時半、いよいよ、主催者側に直訴することに。丁寧な対応の結論は、「よその会の研修会では?」想定外の答えにボクの回路は完全に機能停止。「エーッ!じゃあどこの会ですか?」「さあ、それは…あ、郡山にもカトリック幼稚園協会があります。◯◯神父様が会長ですから電話番号を教えましょう。」というわけで「あ、神父様、鹿児島から電話しています。研修会のあるホテルの名前を教えてもらえませんか?」挨拶もなくいきなりの本論にムッとされたに違いない。ビューホテルアネックスと分かった。

目あれど見えず…

それにしても、一体あの書類どこに紛れたんだろう?と、ふと空っぽになったスチールの書棚のマグネット群に目をやった。今月末のもう一つの研修会のお隣さんのマグネットに、「もしや!?」思わず駆けよってマグネットから書類をもぎ取るように外してあっと叫んだ。「あった、あった!…アレ、あそうか、モンテッソーリの全国大会だった!」神父様が人ごとのような返事をされたのは失礼と共に埒外の質問を受けたせいだと分かった。それにしても、旅行会社を通して送付されている名札や宿泊券等全てが束になって出てきたから肝をつぶした。「行きさえすればなんとかなる」ものではなかった!それにしても、名札は目立つようにとわざわざ封筒から出して吊るしていたというのに!マッタク!記憶力テストでは半分しか思い出せなかったのは当然?

東北新幹線初体験

沿線は緑豊かな田園地帯

沿線は緑豊かな田園地帯

ともあれ、東京駅から東北新幹線やまびこの自由席は3人がけの窓側。さすが関東平野、トンネルなしの平野平野。快適そのもの。車内販売もすぐにきた。高清水という銘柄の日本酒とつまみで540円。大関だけの九州とは一味違う。九州新幹線みたいに余計な放送がないのも静かでいい。*飛行機に新幹線、つれづれなるままに記した駄文お読み捨てのほどを。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする