オシゴトに取り組もうとはするのだが、子どもはやっぱり外がいい?

それでも!Blog

先ずはオシゴト

司祭館裏に埋めたアボカドが発芽した

司祭館裏に埋めたアボカドが発芽した

なんだが、この子が取り組んでいるのは数の棒と呼ばれるもので、抽象的な数を視覚的に把握してもらう教具。赤、青 赤、青と交互に10まで行く。一番長い10の棒から1まで並べていく。同時に数の違いを重さでも感じ取っていく。ちゃんと並べることができたら右肩下がり(あるいは左肩下がり)のきれいなグラフ状になる。これができたら、コロナの感染状況を示すグラフを見たら数の棒を思い出す子もいるはずだ。ともあれ、子どもそれぞれの違いはあるものの、外遊びとなると盛り上がるのはどの子も同じ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました