ある日アヒルのアー君とアオサギのオバチャンが川の真ん中で出会いました

アヒルのアー君とアオサギのオバチャンのお話

nakayosi2アー君「オバチャン、寂しそうだけど、どうしたの?」アオサギ「ベツニー」

nakayosi3アー君「よいしょっ!…ネーなにかしようよ。」アオサギ「勝手にやれば-」

nakayosi4アー君「ヤッター!」アオサギ「チョチョット、しぶきをかけないでおくれよ」

nakayosi5アオサギ「しょうがないわネー」アー君「ゴメンナサーイ。」

nakayosi1アオサギ「せっかくきれいにしたんだからサー。ボクもちゃんとやればー?」  アー君「ハーイ」

byebyeアオサギ「ア、もう行かなくっちゃ。」アー君「バイバーイ。またきてねー」

2016.6.26日曜日晴れ

 

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする