ヒンズーの寛大さ?

ゴアのザビエル様 - ご遺体が安置されているボンジェジュ教会の参道入り口にかけられたザビエル様の肖像画と略歴。ゴアという文字が目に留まると思わず、「オッ」と立ち止まってしまう。先月のゴア巡礼がまだ生々しいからだと思う。

今月9日配信のUCANEWS、まず目に飛び込んだ記事は、 “ゴア州政府の援助を巡り信者分裂 “というものだった。

実は、今月14日(水)スリランカでは教皇による列聖式が挙行された。福者ヨセフ・バズは1651年生まれの司祭。ポルトガル植民地時代、ゴアはアジア地域の宣教拠点。1686年、福者は労働者に成りすましてスリランカ宣教へ。社会的にも大きな貢献をなして、スリランカの使徒と呼ばれている。

ゴア出身者の列聖式というわけで、1000名もの巡礼団が予定されていたという。すると、どういう風の吹き回しか、ゴアを中心とした西インド州政府連合は巡礼者500名にかぎり航空券の半額かあるいは190ドルを援助することに。当然、賛否両論が沸き起こった。

インド司教協議会の事務局長は、”貧しい人たちの参加を容易にする素晴らしいこと”ともろ手を挙げて賛成。ところが、列聖推進委員のゴア側の一人は反対。聖地スリランカでの式典準備のための援助なら分かるが、特定の宗教に援助すべきではなく、実際、本当に貧しい人々のためなのか怪しい。金持ちか政府寄りの人が受けることはあっても、本当に必要としている人はいつも外されている。

第一、この件に関して政府とは何のかかり合いもなく、問い合わせを受けたこともない。それに、政府と宗教は全く別のもの。宗教的なことがらに政府が関与すべきではない。そんなことをしたら、政府の財源圧迫を招くことになるだけだ。そんなことは教会がすべきであって、実際、教会は今回の事案を含め十分な予算をもっている。

さすが、ゴア人口1800万の26%を占めるカトリック教会の貫録。それにしても、ヒンズー教の州政府がどうして?部外者でも下心があるのでは、と疑いたくなる。さて、実際はどうなったのか、その後の様子は配信されていない。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする