日の出とともに目覚めた野鳥たちの動きは8時ににもなるとめまぐるしさを増し気が置けない

聖地で再会

聖地での再会右がチャン神父さん

聖地での再会右がチャン神父さん

ワット神父さんがミサから帰るや否や「行くよ」と促されて出かけた目的地は1人のカテキスタに2人のシスター、1人の主婦と2人の少女が殉教したメコン川沿いのタイ唯一の聖地ソンコーン。主任司祭が25年前奄美に来たことのあるチュン神父さんということもあって訪ねることに。2時間ほどのドライブとあって、運転は弟のティアさん。20数年前、吉野幼稚園の先生一行をバンコクまでトヨタのピックアップで迎えに来てくれたときも彼だった。五十代半ばのいいおじさんになっていて懐かしかった。

いつでもリジェンシー

ところで、2年前司祭叙階25年を祝ったというチュン神父さんもいい年を重ねたようで穏やかな慈父の雰囲気。久しぶりの再会をリジェンシー(タイブランデー)で乾杯。そういえば、14日の日曜日に訪問した大司教さんにしても、運転と分かっていようが全く構うことなくふるまう。「交通法規を守らない人が多いので事故が多い」というワット神父さんにしても全く人ごと。

ここだけの話

新興住宅地に建つ神父さんの義理の母上宅

新興住宅地に建つ神父さんの 義理の母上宅

帰りはワット神父さんの義理の母上宅でシャワーと午睡。軽い夕食をご馳走になった。帰りの車の中で娘のヨーエイさんについて尋ねた。というのも、やはり20年ほど前、故郷瀬留の教会にいた頃、中高生と来た時の中学生だったからだ。カトリック学校で英語の先生だとは聞いていたのだが、少し立ち入ったことを聞いた。「彼女は結婚しないのか。」「結婚しているよ。」「でも、ダンナを見なかったね。」「いたじゃない。一緒に喋ったあの男だよ!」「えーっ!」思わず絶句した。白髪頭の銀行員がダンナだったとは!最初に迎えに出た60代?の女性が神父さんの義理の母親で白髪頭がムコ殿だったとは!神父さんは大家族だけに複雑さも人一倍。ここだけの話だが。

至福の朝

レモン畑にドラゴンフルーツの向こうは水田地帯

レモン畑にドラゴンフルーツの向こうは水田地帯

ともあれ、今朝も神父さんは4時半起床で早朝ミサに。こちらは6時起床でシャワーとミサ。どういうわけか、7時には朝食を持ってくるチュムさんが現れなかった。魚のスープは絶品なのに少し残念。バナナとミカンですます。野鳥たちが最も活発に動くのは8時前後のよう。コーヒー片手に180度に開けたベランダの安楽椅子で野鳥観察をしたりブログを書いたり至福のひと時だ。

*写真が取り込めなので文字だけです。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする