お母さんたちが連日コツコツ準備したバザーの今日、土砂降りの雨も小ぶりとなって…

今か今かと

宝くじ売り場には行列が

宝くじ売り場には行列が

9時半オープンというのでいつもより一時間遅く、豪雨の中を8時半出勤。主任の先生に電話で確かめた。「こんな天気なのに決行?」「エーもうすぐ始まりますよ。」勇気のある人たちだ、と感心しながら吉野台地に上がると雨は小降りに。裏の駐車場ではカッパを着たお母さんたちが車の誘導に余念がなかった。午前中だけの手抜き園長の実態をすでに把握しているらしく、「すぐにお帰りになるのでしたら教会の前庭がよろしいかと…」というわけでUターンして庭先へ。お御堂入口には、開門待ちの子供たちがお母さんともども、今か今かと雨宿りしながらその時を待っていた。「園長先生だ」と手を振る子供たちの名前を呼べないのが悔しい。

輝くお母さんたち

ホントここはBaby Worldだ

スーパーボールすくい。ホントここはBaby Worldだ!

「早く覚えないとナー。」自問しながら職員室に入った。さすがに誰もいない。直前の準備に忙殺されているお母さんたちに挨拶しながら部屋を見て回って気が付いた。「子供たちののためのバザーだったんですよね。」30年前のことが思い起こされた。確かにそうだった。そう気がついて、もう一つのことにも気が付いた。バザーの準備に見えたお母さんに、「いつもご苦労様です」と声をかけたら、「いいえ、楽しんでやっています。」幼稚園のための惜しまない奉仕に心嬉しくなったものだが、愛する子供たちのためなら、そりゃ楽しいはずだ。勝手な勘違いを恥じた。ともあれ、喜々として子供たちを迎えているお母さんたちは子供たち以上に輝いていた。

片やアジア会議

なかなか釣れないなー

なかなか釣れないなー

10時からのアジア会議の準備会を理由に、いつものように早退。遅れる旨のメールが遅かったものだから、待っていたらしい。30分遅れで開会。手作りのお昼を取りながら、受け入れ側の鹿児島としてできることは一日遠足のコース設定と最終日のガラナイト(打ち上げパーテイー)、それに折り紙での吊り飾り作成の件。いずれも、7月14日の全国準備会に提出するまでになっていた。心からのおもてなしをしたいというみんなの気持ちが溢れた会議だった。5時過ぎ終了。

遅ればせながらお誕生会

カラフルな誕生カードに驚いた

カラフルな誕生カードに驚いた

昨日のお誕生会のテーマ?は「神様は世界をおつくりになった」。粘土で何かを作ったり、縫い取りをしたり、そうそう、ともひろくんは昆虫の色塗りを沢山しました。こうしてみんなが作ったものを何と言いますか?…「さくひん!」女の子が声を上げた。そう!だから、神様がおつくりになったこの世界は?かみさまの?…「さくひん!」そうなんです。おともだちが作った作品を誰かが壊したりよごしたりしていいでしょうか?「だめー!」だから、神様がおつくりになったこの世界、山や海、そら、木、動物、お花を汚したり粗末にしていいでしょうか?「ダメー!」ところで、私たちも神様の作品なんです。「エーッ!」この聖書にちゃんと書いてありますよ。だから、お友達が悲しむことはしては「ダメー!」。それから、今日みんなが食べるお弁当はお母さんの作品です。「エーッ?」だって、お母さんが作ったんでしょ?だからお母さんの作品なんです。だから、あんまり好きでない野菜があったら?「ガンバッテたべる!」誘導尋問に子供たちよく乗ってくれた。子供たちとのやり取りは楽しい。

*最後まで聞くこと

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする