2022-06

それでも!Blog

故郷忘じがたく候、どかで聞いたようなセリフだが…

調べてみて思いがけない発見をした 先ず司馬遼太郎の著作の題名であること。二つ目が美山の陶工たちの話。大変興味深い。江戸時代の医者であり、旅行を趣味とした橘南谿(たちばななんけい)との交流。 豊臣秀吉の朝鮮出兵(1592)に際して拉致...
それでも!Blog

園長ブログで「梅雨明け勝手宣言」をしたら気象庁が追認?

科学より素人の直感が勝った 昨日久しぶりにトリトリウォーキングに出た。教会の裏の道を真っ直ぐ東に行くと市内を貫く二反田川沿いの土手道にぶつかる。左に進んでいくといつになく透明さを増した空の青さが目を引いた。朝刊で知ったのだが、33...
それでも!Blog

はやぶさ2が小惑星リュウグウから持ち帰った砂粒からアミノ酸検出

地球外にも生命存在の可能性! アミノ酸が生命誕生に関係していることは知識としてあるが、地球外に生命が存在している可能性があると聞くとSFの世界から一挙に現実の世界が広がってワクワクするではないか。水があったことまで分ったというから、どんな...
それでも!Blog

聖霊降臨の日の幼児洗礼。これまでの50年にわたる司牧史上初。

史上初には説明がいる もちろん、フィリピン人の子どもは初めてでも、幼児洗礼は初めてではない。指宿での幼児洗礼も久しぶりとはいえこれまでもあった。しかし、今回の洗礼式には特筆すべきことがいくつかある。これもボクが知る限りということになるが。...
それでも!Blog

初夏のさわやかさについ心が動き9時にウォーキングに出かけた

歩きは午後と決まっていたのに 朝のウォーキングは、少し大げさだが、史上初。歩くのは午後と決まっていて、夜や朝というのは全く選択肢になかった。もしかして野鳥たちも気持ちのいい天気に浮かれて大集合?そんな期待は見事に裏切られた。ごらん...
タイトルとURLをコピーしました