小さなスズムシの成長は早いがそれ以上に子どもたちの成長は目覚ましい

哀しきスズムシ

夜行性らしいが昼間でも盛んに泣く

夜行性らしいが昼間でも盛んに泣く

先月羽化したたくさんのスズムシたちは10月には一斉に死んでしまうという。大急ぎで成長し大急ぎで子孫を残す。ひと時の秋の夜長を鳴き通して短い生涯を終えるスズムシたちがいとおしくなった。各クラスで買ってもらおうと用意した家はいまだに職員室の中。立て続けに臨時休園となったためだ。自主登園の子どもたちが時々見に来るが、スズムシの短い生涯を紹介してみようと思う。

自主登園でもオシゴト

オシゴトの終わりを静かに待つ

オシゴトの終わりを静かに待つ

子どもたちの成長はマイペース。大人がやきもきしても子供たちは悠然として動じない。神様の手作りだから不ぞろいが当たり前なのだが、均一化した「社会主義国よりも社会主義的国」日本ではそういうわけにかない。はみ出しっ子はリストアップされて小学校に報告しなければならない。「どの子もみんな愛される価値がある」というのにデコボコでは困るらしい。子どもたちには、いとおしさよりも「かわいそう」が勝るのだが。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする