電話で祈る

沖永良部のメジロ。お祈り中?電話で祈る会。おそらくなんだろうと思う人がほとんどかと思う。29年ほど前としか言えないが、「鹿児島教区の事業として相談電話を開設したいが、担当になってもらえないか。」教区事務局からの問い合わせに二つ返事で引き受けた。二年の準備の後にオープンしたのが現在の「鹿児島きぼうの電話」。御受難会福岡黙想の家で始まった「きぼうの電話」の名称とロゴを無償借用させてもらったので、頭に鹿児島がつく。もっとも、本家が今も機能しているかは分からない。

ともあれ、準備期間中に耳にしたのが「電話で祈る会」。「電話で…」ということに反応した。早速、「参考にしたい」と主宰者の神父様にどんなことをするのか聞いてみた。「実際に参加したら分かる」と言われた。「なるほど」と参加してみたのが始まりで今に至っている。ミイラ取りがミイラになった感がないでもない。

ともあれ、現在は8時半だが、当時は9時だったように思う。時間になるとベルが鳴り、全国にいる会員が一斉に受話器を取る。「こんばんわ」の挨拶に始まり、出席者の点呼がなされ、神父様の先唱で詩編が読まれ、聖書の朗読と分かち合いがなされて約30分で終わる。ボクが知った時はすでに始まっていたので、おそらく30年余りの歴史を持つ。サボることが多いが一度もやめたいと思ったことはない。

興味のある方は下記まで。

http://www.jesus-online.jp/hotspot/telepray.html

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする