久しぶりのムッ!

サンタンカ。日本のものより鮮やか。今回は空港ではなくコンビニ。置時計の電池を買おうとして単三二個セットをレジに持っていくと「サイズはこれで間違いなかったですか?」一瞬、質問の意味が分からなかった。「エッ?」「サイズはこれで…」もう一回り小さいサイズもあるので念を押したのだなと思ったので、「大丈夫です」。平静に答えたものの、「ムッ!…アンタは、認知症のテストをしているのか!?」(もちろんココロノコエ)。73になるとひがみやすくなるのかな。

それにしても、日本人はどうしてこうもお節介焼きなのか!?空港だけでなくコンビニまで蔓延しているではないか!子供がコケようが、電池のサイズが違っていようが、アンタと何の関係があるというのか?!ない!もちろん、子供がけがをしたら困るが、だからといってそれが動く歩道の責任でもなければ、当局側の責任でもない。親の責任。

そんなことより、見知らぬ親に注意したり、見知らぬ爺さんに「今一度確認」させたりする。それって失礼じゃないの?マニュアルによると大事な「お・も・て・な・し」かもしれないが、ボクに言わせればオモテ無し!まったく余計なこと。

責任の所在をわざとあいまいにしようとするこの風潮はいつから?物事をややこしくする親日本でも見たことがあるようなないような。切押売り文化がよって立つ根拠は?大人を子ども扱いする慇懃無礼な接客の正体は一体ナニ?そんなテーマで誰か論文でも書いて世に問うてくれないもの。「アンタがやれば?」と言われそうだが。

ともあれ、日本人は自分たちの手で個を薄め、自己責任感を希薄にし、考える力を奪っているように思えてならない。とんでもない事件がこうも頻発するのは「お節介焼き」が講じたせいではないのかとまで思ってしまう。

台湾で出会ったこの花たちのように個性的に生きたい。と思わない?

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする