秋晴れラン

大漁帰還人騒がせな大型台風ではあった。心配した割には大きな悪さもしないでさっさと通過した19号台風。お蔭で、灰は洗われ、空気は澄みきって快晴の今日。

こんな日に室内ランでは天気に申し訳ないと、半年振りかと思われるほどに久しぶりの10キロランは小走りのLSD(Long Slow Distance長い時間、ゆっくりと、長い距離を走るトレーニングのこと)。

甲突川沿いの遊歩道に出ると、近くの高校生の一団がドスドスとエネルギッシュな集団ラン。思わず、芝生に上がって道を開けた。対岸の歩道を周回しているようだった。川にはいつも目にするサギやカモ類を全く見ない。

歩道わきの植込みのサツキに季節外れの花が咲いていた。同じ株から出たはずなのにある枝は思い出したように季節を先取りする。枝ごとに個性があるようで楽しくなる。そういえば、小聖堂のムラサキゴテン。この植物も面白い花の咲かせ方をする。早朝に開いて夕方にはしぼむ。花びらが散った気配がないので、もしかして、夕方には花びらが引っ込んで翌朝同じ花が開花する?これを何日か繰り返して次にバトンタッチするのかな。ランに出る前に見たら、もう開花の準備を始めているようで小さな赤いつぼみが顔をのぞかせていた。何とも愛らしく、つい語りかけてしまう。

話がそれたが、桜島桟橋を過ぎた先の船溜まりに、波ひとつない海面をまるで滑るように、漁から帰る1席の小型漁船に遭遇。晴れ渡った桜島を背景に思わずパチリ。

6時半帰着。計ったように1時間半。当分は秋晴れのようなので、LSDとしよう。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする