溝辺教会黙想会

山荘の聖母9:30のミサに続いて十字架の道行き。

第一留(りゅう)から復活まで、杉木立の中を巡り、復活の留は中央の一番大きい杉。信者一人一人が各留を書いたのだという。

第一留「イエス死刑の宣告を受ける」の主任司祭から始まって全員が書いたので、不ぞろい。しかし、祈りがこもっていて味わい深い。想定した面々ではなく、複数の小教区から集まった多国籍信者。地元信者の三倍ほど。少し気勢をそがれたものの、楽しく話すことができた。

「十字架の道行きを一緒にできたことに感動した」との感想がいくつか聞かれたのが印象的だた。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする