福者レオ税所七右衛門殉教の地から終身助祭誕生始まりの式は終身助祭候補者認定式

福者の息吹を受けて

ミサ前はまばらな聖堂が間もなく一杯に

ミサ前はまばらな聖堂が間もなく一杯に

北薩の中心地川内と聞けば原発ということになるが、カトリック信者にとって川内と言えば福者レオ税所七右衛門殉教の地。その栄えある地から「終身助祭になりたい」との声が上がった。主任司祭ももろ手を挙げて喜んだ。11月3日には川内川河口の京泊教会跡の巡礼地で殉教祭がおこなわれる。ミサの中で、第二ステップの式も行われる。そして、来年の三月には叙階式という段取りだ。

終身助祭は召命

喜びの花束が贈られた

喜びの花束が贈られた

「司祭になりたい」という意思表示があって神学校に行くことになる。もちろん、司祭からの招きがあったり、両親の希望であったり動機はいろいろでも、最終的には本人の意思表示が決め手となる。しかし、終身助祭の場合、これまでだと、司祭からの推薦が条件のようにみなされた感がある。考えてみると、召命であるなら、内的声に促されて自ら名乗りを上げるのが自然。今回の場合、ご自分から主任司祭に相談があったと聞く。こうして例が続くとうれしい。もちろん、主任司祭の推薦は不可欠だが。

日本語のミサに

シスター手作りの味噌饅頭が大好評

シスター手作りの味噌饅頭が大好評

川内にも外国籍の信徒は多い。フィリピン人、ベトナム人。これまで、主日のミサは地元の信者とは別にタガログ語だったが、「みんなと一緒のミサがいい」ということに合意したという。自分たちから言い出したというのいい。今日も7,8人の女性たちが顔を出し、お茶の時間も共に過ごした。これからもっと増えるに違いない。いろんな人がいてカトリック。この流れが常態化することが望まれる。

説教音声

 

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする