葬儀ミッションの日々は7人の甥姪たちとの寝食を共にした濃厚な触 れ合いの中で新たな始まりの予感

創世記

列車博士ソウ君の赤富士と新幹線

列車博士ソウ君の赤富士と新幹線

今回のミッションの成果の一つは2人の子供の母親となった末っ子の姪の改心?ミサの説教に対する反応がなかなかいい。「葉っぱではなく幹の話しをしたから理解できた」のだという。どんな流れだったか定かな記憶はないが、確か、「別離の悲しみ…」からいつものような流れで創世記1章1節2節「初めに神は天地を創造された。地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の上を動いていた。」

混沌は始まり

一枚の千代紙から3個の飾り餅が

一枚の千代紙から3個の飾り餅が

私たちにとって混沌は見通しの立たない不安の中にあるということで、どうかすれば私たちを絶望に陥れることもある力。しかし、聖書の理解は違う。水は人間の手では御し難い力として恐れの対象であったが、その水の上には神の霊が動いていた。何かの始まりを予感させる言い方。そして、神が「光あれ」と言われると光が生じた。これが、創造の始まりの記述。私たちの場合も、見通しが立たずに困惑の中にあった時、誰かがヒントをくれたことで光が差して希望が湧いてきたという体験は大なり小なり誰にでもあると思う。つまり混沌は滅びの始まりではなく、新しい始まり。これが聖書の根本的メッセージ。

神社ok信者

どうして巫女さんになったの?

どうして巫女さんになったの?

大まかそんな話をしたと思うが、彼女にとってはまさに光を受けたようだった。小さな頃から母親に手を引かれて通った主日のミサには馴染んでいるものの聖書の知識はもちろん恵や信仰の喜びの実感は皆無と言っていい、に違いないのだ。だから、昨日散歩で出かけた近くの神社では、「オジちゃんはおみくじ引かない、よね?」父親がお賽銭を投げてガランガランと鈴を鳴らしている姿を見ていただけあっておみくじにしてもまったく違和感はないよう。

新しい始まりの予感

寒さに震えながらもジッと春を持つ

寒さに震えながらもジッと春を持つ

そうした、姪甥たちが今回のことを機に信仰の恵みに目覚め、新たな始まりの日々を刻んでくれたらと祈りたい。聞くところによると、「ボクも信者になろうかな」とダンナが話しているという。里帰り中の彼が不在なので一押しできないのが残念だが。所属小教区も決めかねているというまさに混沌状態から1日も早く脱して家族揃って嬉々としてミサに出かける家族になって欲しい。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする