雰囲気を変えていくつかの話題を記すことに

トイレはタイに座布団2枚

「日本とタイの似ているところはどこだと思いますか?」ロー神父さんに聞かれて「はて?」と困惑した。違いについての認識しかなかつたからだ。「トイレの数が多いのときれいなこと。」確かに言える。サービスエリアのトイレは確かにきれいだし、臭わないのは日本以上に清潔感がある。驚いたのは湖のほとりに置かれた粗末な作りの簡易トイレでさえも清潔そのもの。かつて鹿屋のバス停にあったそれとは雲泥の差。まったく臭わずこぎれい。バケツにはしっかり水が用意されていた。家庭でも使用後は小さなオケで水を取って流すのがタイ式水洗トイレ。大きな黒いタンクが我が家?にもある。

OT O P

蒸した米に酒の麴を加えて保存する

蒸した米に酒の麴を加えて保存する

オトプと読む。 ONE TOWN ONE PRODUCTの頭文字を取ったもので、いわゆる一村一品運動のタイ版。実際、日本から学んだそうで、道路の両脇には地元産の野菜など様々な物産が売られている。黄色のカゴに入ったのは地酒だというので試してみることに。小ぶりのツボなんとセメントでフタがされていて店先で開封が始まった。更に内ブタを取ると米つぶとモミガラ状の物が出てきて驚いた。そのまま車に持ち込んで水を注ぎ、ストローを差し込んで「サア、これで飲めるよ」ワット神父さんに促されて一口吸ってみた。どこかで口にしたような味だ。「タポイ!」一瞬、30数年前北ルソンの山の教会で飲んだ味が蘇った。400円也。

エコオーブン

白いお皿は油を受け取るため

白いお皿は油を受け取るため

5回ほどわらを足していた

5回ほどわらを足していた

携帯文化はおそらく日本以上。しかし、電化製品となると日本の比ではない。祝い事にはニワトリの丸焼きが定番。直火て焼くのではない。きれいに処理した上でレモングラスやその他のハーブ類の詰め物をいれて特製の釜で焼く。いつかも紹介したことがあるが再度したみたい。庭先の一角を平らにしたところに30センチほどの青竹を立てニワトリを吊るし素焼きの亀で覆う。枯れ草を被せて点火。何度も草を足して約30分で蒸し焼きの完成。前前回までは、10リットルの空き缶を使用した。この方がこんがりと焦げ目がついて風味があつてよかつたのだか。前のが良かったと言ったら今夜するとのこと。彼らも同じ感想だつたらしい。今夜が楽しみ。

 

Podcast---最近の5エピソード

※プログラムの都合上ここに最新号が反映されるまでにおよそ7時間かかります。今すぐ最新号を聴きたい方はこちらをクリックしてご確認ください。

  • 2月28日ミサ説教音声
    マタイ9.14-15「14 そのころ、ヨハネの弟子たちがイエスのところに来て、「わたしたちとファリサイ派の人々 […]
  • 2月27日誕生会
    お御堂でのお祈りと祝福式が誕生会一部。二部はホールに移動して先生たちによるお楽しみ会。
  • 2月27日ミサ説教音声
    ルカ9.22-25「22 次のように言われた。「人の子は必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちから […]
  • 2月26日灰の水曜日ミサ説教音声
    ヨエル2.12-18「12 主は言われる。「今こそ、心からわたしに立ち帰れ/断食し、泣き悲しんで。 13 衣を […]
  • 2月24日ミサ説教音声
    ヤコブ3.13-18「あなたがたの中で、知恵があり分別があるのはだれか。その人は、知恵にふさわしい柔和な行いを […]
------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする