どうでもいいのだが、梅雨入り直後だから少なかったの?主の昇天なのに。

素顔がみえた

チリンが島。いつか渡ろうと思っている。

チリンが島。いつか渡ろうと思っている。

「私たちもアマナミンを歌いたい。」このところ、主日のミサで主の祈りをタガログ、ベトナム、日本語の順で歌うことにしている。フィリピンの主の祈りは沢山のメロディーがあって、個人的には30年ほど前の古い曲が大好き。2週間前、「古いのにしてほしい」とお願いしたら、先週は懐かしいアマナミンを一緒に歌うことができた。それで「私たちも」ということになった。カタカナの歌詞を20枚ほど配布したが、いつものリーダーがお休みで不発。しかも、ベトナムの若い人たちも全員不参加。少し寂しかったが、日本語だけの主の祈りとなった。3人のフィリピン人を除いて全員地元信者。毎朝のミサに来る7人+4=11だった。あと、ボクの方で、間違いなく教会につながっていると確認できるひとが5人で合計16人。思いがけずも、指宿教会の素顔が見えた感じだ。中には、JRとタクシーで駆けつける熱心党もいるので「少ない」と嘆くことはしない。「家庭的な教会の味を大事にしていきたい」と思った。

ミサ説教音声

 

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする