お泊り保育、おやつ調達ミッションはハイテクレジとの遭遇だった

おやつ調達同行

プロの調理師によるカレーは絶品

プロの調理師によるカレーは絶品

今日明日のお泊り保育、お御堂でのお祈りの後で出かけたおやつ調達。予算は1人200円。好みのものを物色して先生のもとへ。スムーズにパスする子もいれば、予算オーバーで出直す子もいてみんな真剣。人口着色料に甘味料。子供たちに勧められるものは多くなさそう。自分が好きだからということもあるが、チョコレートなら安心では、と勧めたものの興味を示さない。アドバイスをやめて静観していると、そのうちそれぞれに気に入ったものを手にしてレジに向かった。

ハイテクレジ初体験

同行を促されて一緒についていったものの、いわゆるセルフレジ。しかも、文字通り完全手動。つまり、バーコードをかざすところからしなければならないのだ。さてどうしたものか。「あ、これだ、これだ。ハイ100円そこに入れて。」よく見ると、お釣りが出てくるアナだった!「しまった!」隣のレジでやっていた先生の一人が、「このスタートを押して始めるんです」と教えてくれた。察しのいい子が「スタート!」押した途端、先ほどの100円硬貨がすとんと落ちてきた。なるほど、正面には回転ずしの注文画面を思わせるタブレットがあるではないか。そんなこんなで、子どもたち以上に社会勉強のひと時だった。

鈴虫も応援

鈴虫たちも子どもたちにエール

鈴虫たちも子どもたちにエール

鈴虫の鳴き声

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする