プロのバイオリニストを聖歌の伴奏者に迎えての聖母被昇天のミサ

バイオリニスト伴奏ミサ

聖堂入り口の聖母

聖堂入り口の聖母

指宿にゆかりのある高名なバイオリニストの”さくらこさん”。信者たちにはおなじみでも、ボクにとっては初対面かと思いきや、そうではない、ということだったが、記憶が飛んで申し訳ない再会がこの前の11日の日曜日。聖母被昇天のミサにはバイオリン持参で参加するとの約束。そして、キリバスの漁師さんたちとの楽しい茶話会のことは前回の話。6:30は厳しいということだったが、当日の今朝はさわやかな顔でキチンと時間までに来てくれて、入祭唱から閉祭に至るまで全ての聖歌に伴奏してくれた。こんな豪華な被昇天のミサはボクにとって前代未聞。特に聖体拝領後の数分のあの澄み切った繊細な音色。まさに天的甘美の世界に導いてくれた至福のひとときだった。クリスマスは無理だが復活祭には来てもらえるとのこと。それはそうと、同伴された母上が思いがけない提案をされて驚いた。赴任以来、ボクも気になっていた天上の剥離。すぐ目についたらしかった。そしてひらめいたらしい。「修理のためのコンサート。でも、人が集まるかしら。」「えっ、ここでですか?」予期しない言葉に戸惑ったが、「大丈夫です。全力で集めます!」降ってわいたような新企画。信者たちが聞いたら何というだろうか。ニコニコ顔の当人も「喜んで協力したい」風だった。信者たちにはそう伝えようと思う。そして、「これは被昇天の聖母からのプレゼントです。」ダメ押しのセリフも決まった。さて、どんな展開になるのか。ともあれ、祝聖母の被昇天!

ミサ説教音声

閉祭の歌

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする