それでも!Blog 一覧

紙ゼロ実現 - 自治体としての快挙と評価したい。そんな、進取の気風のせいか、人口は毎年増加の一途をたどる。

紙ゼロの快挙

タブレットによるペーパーレス会議の実現。オッ!思わず足を止めた。いや、目を止めた。静岡県の焼津市人口約15万人。自治体で初めて、全職員にタブ...

記事を読む

シンビジューム - 放置されても美しく咲きたい。

それでも咲いた

春先のような陽気に誘われて屋上に出た。一年中顧みられることなく放置されたままのシンビジュームたち。霜焼けによる変色と思われる黄色くなった葉が...

記事を読む

開聞岳遠望 - 枕崎港のはるか向こうの開聞岳を遮るように枕崎の山が。

みことばの聖櫃

寒さが緩んだ昨日今日は風もなく絶好のランニング日和、と張り切ったものの、今日は歩くことに。昨日の10キロランは久しぶりにしては調子もまあまあ...

記事を読む

私たちのうちに住まわれた - 外観は老朽化が目立つが、聖堂内は広くて明るくてきれい。

Xmas枕崎ミッション

親友夫婦を枕崎教会でのクリスマスミサに招待。年に一度か二度2泊3日の小旅行に出かける仲良し夫婦ということもあって快諾。駅前のしゃれたホテルも...

記事を読む

Merry Christmas

祝主のご降誕!幼子イエスからの祝福が皆様お人おひとりの上に豊かに注がれますように。

記事を読む

フーッ!

午前7時、迎えの車で加世田教会堅信式へ。かねて会うこともない終身助祭との一時間のドライブは有意義だった。ホテルの支配人を長年務めただけあって...

記事を読む

福島は今2

福島の問題は、放射能による環境汚染や健康被害もさることながら、実は巨大な人権問題であり、さらに深刻なのは差別問題なんだという。具体的にいうな...

記事を読む

原発遠望 - 送電線の鉄塔の向こうに福島第一原発がある。

福島の今

社会司教委員会主催の司教のための社会問題研修会。「司教のための」と限定するところが思わせぶりだが、福島と聞けば行かないわけにはいかない。大槌...

記事を読む

ゴア聖地1 - ボン・ジェジュ教会への参道のフェンスには、ザビエル様関連のパネルが展示されていた。日本での活動と中国に渡る前に帰天されたことが記されている。

ゴア回想

10日の帰国以来、約束したこともドタキャンしてのやりかけたことの続きに今日まで大わらわ。教区報新年号の年頭書簡、明日午後の市民クリスマス1時...

記事を読む

インド門 - イギリス植民地時代の象徴。左の建物がタージマハルホテル。一泊4‐5万とか。

ヒンドゥー教との出会い

9日、8時15分、貸切観光船でエレファンタ島へ。バスを降りた先には小柄な女性のガイドさんが待っていた。1911年に建てられたインド門を見上げ...

記事を読む

1 46 47 48 49 50 51 52 57