毎年8月6日に始まるカトリック平和旬間に思うことはいつも一つだけ

一人の信仰者として

酷暑の中逞しく開花したトックリラン

酷暑の中逞しく開花したトックリラン

「聖職者が政治的発言をする」と気に触る人がいるかもしれないが、福音を生きようとする一人としてやっぱり言いたい。ともあれ、8月になると毎年沖縄の基地の問題が話題になる。日本にある米軍基地の70%があの狭い沖縄にあると聞けば、沖縄の人でなくても理不尽さに声を上げたくなるのは当然だ。20年ほども前のことになるが、現地での平和学習会に誘われて2回ほど参加したことがある。最後の時間に、「では、私たちはどうすればいいんですか?」と聞いた。「こうして、話を聞いてくださるだけでいいんです」という返事にどこかホッとしたような、気が抜けたような感じが20年ほども続いている。その間特別の行動を起こしたことはない。

痛み分け

昨日、美島神父さんの遺品発見

昨日、美島神父さんの遺品発見

だから、あんまり大きなことは言えないのだが、「沖縄の皆さんの負担を少しでも軽くしたいので、基地の一部移転の件、どうぞうちに来て下さい」という自治体はない。どうしてだろうと思う。「痛み分け」とは「互いに損害を受けたまま引き分けること」と広辞苑にはある。しかし、現状を見ると「自分たちは不利益を被りたくないからまっぴらごめん。どうぞ沖縄の皆さんだけで頑張って下さい」と言っているように見える。

丸腰になる

お世話になりましたので・・・

お世話になりましたので・・・

喜ぶ人と共に喜び、泣く人共に泣きなさい」(ロマ12.15)というパウロのすすめがある。「すべての人と平和に暮しなさい」(同18節)とも続ける。教会が説く平和は武力の均衡ではないという。だったら、軍備撤廃、基地廃止、日米協定廃止しかないではないか。そんな丸腰政策を打ち出す政治家は出ないものか。「出るわけがない」とすれば、せめて「痛み分け」の出来る政治家が出なければ。ミサ後ベトナムのNさんが神奈川に発った。鰹節工場からサンドイッチ工場に移る。「おみやげ」に涙がでた。頑張って欲しい。

年間だ19主日ミサ動画

 

 

Podcast---最近の5エピソード

※プログラムの都合上ここに最新号が反映されるまでにおよそ7時間かかります。今すぐ最新号を聴きたい方はこちらをクリックしてご確認ください。

  • 合唱
    今日は特別張り切って鳴いている
  • スズムシ合唱
    昨日よりも今日。日増しに力強さを増していく。
  • スズムシの合唱
    数週間前は頼りなげに鳴いていたが、今では力強く競って鳴くようになった。
  • スズムシの鳴き声
    職員室のジユウニンタチ
  • 3月30日ミサ説教音声
    ヨハネ8.1-11 >1 イエスはオリーブ山へ行かれた。2 朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自 […]
------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする