カミガミのない世界を標榜する身でありながら毎朝の新聞タイムは例外

今朝はいい記事満載

もちろんこれはあくまで主観的な見方に過ぎないのだが。2面の「視標」の論説「国会の形骸化を止めよ」は読み応えがあった。これ以上書くと評論家みたいになるので止めたいが、3面の「かお」で紹介されていた薬剤師の心意気は思わず声援を送りたくなった。

何よりも、おもわず「おおっ!」と心を動かされたのは「ひろば」欄の投稿。”85才の挑戦硬式テニスに転向”。知り合いのことでも紹介しているのかと思ったらご本人だった。十年ほど前に走りを止め、それ以前にはテニスを止めていたからだ。

寒中行水何才までやるつもり?

寒中行水何才までやるつもり?

ひたすら歩くことと野鳥の写真撮りにはまっている78才の自分を思った。転向に際して、二ヶ月間スクールで学ばれたという。一瞬、”指宿にもテニス教室があるのかな?”心が動いた。そして、

司教館を離れるとき、長年愛用したテニス道具一式を教会ホールの「自由にお持ち帰り下さい」テーブルに提供したことを少し後悔した。テニス再開はないとしても、85才の転向は羨ましいような、面識のない人生の先輩がまぶしかった。

ハークション!サブッ!でしょっ!

ハークション!サブッ!でしょっ

ともあれ、一年の間、読んでくれた皆さんありがとうございました。そして、良いお年を!

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする