司祭叙階式

司祭団代表のお祝いの言葉午前中までぐずついていた天気も次第に青空が広がり、すがすがしい秋晴れに変わった6日の日曜日、ベネディクト助祭がついに司祭に叙階された。22歳で受洗。その後の詳しい経歴は知らない。

かれこれ7年ほどにもなるだろうか、「日本で司祭になりたい。司教様に推薦してくれる人を探しています」と韓国教会のサイトに書き込みをしたのは。たまたまそれを読んだ韓国人神学生が鹿児島教区の神学生に話し、ボクの耳に届けられた。あれから、文字通り紆余曲折。神様は、じっくり時間をかけながら準備された。当時の仲間二人は2年前先に夢の実現にこぎつけたものの、わけあって遅れた。

当日は、兄上と三名の姉上夫婦7名が母上に同伴された。そのほか、主任司祭はもちろんシスターや信徒60名。式の始まる前から感涙にむせぶ家族の姿が印象的だったという。それぞれ一家をなして立派な生活をしているのに、遅い召命だったとはいえ、末っ子なだけに気がかりでならなかったに違いない。皆さんの思いはいかばかりだったか。

日本語に続いて歌われた韓国語での主の祈りは力強く、高らかに聖堂に響き渡り会衆の心を打った。今回は、冷静に臨んだものの、ここにきて言葉が出なかった。家族や韓国の皆さんの万感の家族の紹介。手前は長女のご主人。思い、とくに、「…現代に平和をお与えください…」では、両国の政治的不和をこうして乗り越えている現実、そうしたもろもろのことがどっと覆いかぶさってきたからだ。

祝賀会では同じテーブルについても話ができないのがもどかしかった。今後は、こうした機会が少なくとも2回は期待されるので、韓国語の流暢な通訳のためにも3人の日本語の上達が待たれる。

祝福に満たされた叙階式に”神に感謝!”

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする