シンチュル司教さんからのヒントで暑さのつのる昼下がりに描いた見果てぬ夢

 若きリーダー

インチョン教区の新司教は実践神学者ジュン・シンチュル司教、と言われても誰のことか日本人には分かりようもないが、鹿児島教区とは関係大有りの司教様だ。むしろ恩人ともいえる教区と言えばインチョン教区。その教区の司教様。もう一人、チャ神父様と言えば、司祭なら「ああ、あのタンポポ宣教の…」と頷くはずだ。数年前、三教区合同黙想会だったか、指導をお願いしたが急病でキャンセルとなり、代わりに通訳のシスターがメッセージを送ることになったあの神父様だ。

インチョンからの情報誌

そのチャ神父様が主宰する司牧研修所発行の「カトリック司牧情報」という月刊誌が毎月届く。数か国語に翻訳発信される評判の雑誌らしい。その表紙を飾るのは聖職者と決まっている。数週間前に届いた7・8月合併号は少しはにかんだような笑顔のj・シンチュル司教様。昨年5月30日に急逝されたボニファチオ司教様の後継者というだけでなく、ソウル、スウオンについで三番目となる50万もの信徒を擁する巨大教区の若きリーダーとして注目されたのだと思う。

養成の要はWYD

2016年のWYDポーランド大会そういうことはともかくとして、いくつもの質問に答える中で目を引いたのは彼が、若者とくに十代の若者たちの信仰養成に力を入れているという点。しかも、2019年、パナマで開催されるワールドユースデイに向けての準備のために1千万円の予算を付けたのだという。プロジェクトの詳細は分からないが、WYDを目指す準備がまず教会内でなされることは大切だが、教区を超えた世界的な広がりの中でのいわゆる”カトリック体験”が必要だという指摘に驚いた。

Youcat→海外研修→2019

というのは、奄美のYoucatに顔を出した5人の高校生たちのことが思われたからだ。彼らは一年生。なるほど、今から2019年のパナマ大会に向けて準備をする。その第一弾が冬休みに貴島神父さんとフィリピン巡礼を計画する。そして、地元の高校生と交流する。こうした体験があれば、「パナマで会おう」と言って別れることができる。再会を目指して英語の勉強にも気持ちが入る。彼らの世話をしている青年部のメンバーは同伴者としてパナマに同行する。こうしてYoucatも盛り上がる。即席の思いつきで描いたプロジェクトだが想像するだに楽しい。夢は大きくだ。ヒントをくれたシンチュル司教さんありがとう。

ME始まる

MEのHPの表紙。MEとは何などMEのすべてが分かる。二年ぶりとなるMEが今日15日夕方から17日午後5時までの三日間、マリア山荘で開催される。今回の特徴は若手司祭が二人も参加すること。日本のME始まって以来かと思われる。将来のチーム司祭の有力候補。しかも、一人は自ら名乗りを上げての参加。夫婦は三組。決して多い参加者数ではないが、神様の壮大な夢と出会う大きな恵みの時となる気配大。だからワクワク感も大。そろそろ出かけるとするか。皆さんの熱いお祈りをお願いしたい。

------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする