花の命は

余生は食堂で一斉に開花

花のいのちは、と言えば短くて、と続くのが常識だが、今日はそうではないという話。

花のいのちは長いだけでなく、長すぎる。実は、昨年11月末、立派なシンビジュームが届けられた。満開の花弁は一か月過ぎても色あせない。二カ月をとうに過ぎた今日、ついに切り花として2本は小聖堂に、あとの2本は食堂に。さすがにいくつかの花はかなりくたびれていたが。すべてが終末を迎えるまでにはあと数週間を要すると思われる。

こんなにも長生きする花は他にないのではないかと思うほどだ。
応接室に避難したものも次々と開花を始めた。

Podcast---最近の5エピソード

※プログラムの都合上ここに最新号が反映されるまでにおよそ7時間かかります。今すぐ最新号を聴きたい方はこちらをクリックしてご確認ください。

  • 合唱
    今日は特別張り切って鳴いている
  • スズムシ合唱
    昨日よりも今日。日増しに力強さを増していく。
  • スズムシの合唱
    数週間前は頼りなげに鳴いていたが、今では力強く競って鳴くようになった。
  • スズムシの鳴き声
    職員室のジユウニンタチ
  • 3月30日ミサ説教音声
    ヨハネ8.1-11 >1 イエスはオリーブ山へ行かれた。2 朝早く、再び神殿の境内に入られると、民衆が皆、御自 […]
------------------------------------------- ★ここは24時間稼動をめざすわたしの分室です。質問、ご意見などはお問い合わせからお願いします。コメント欄への書き込みはもちろん、FBのいいね!やシェアボタンのクリックも大歓迎です。
☆神に仕える身でありながら、カミガミ(紙々)の要らない世界を標榜する人間の一人として、電子メディアに自分の思いを綴ることは大きな喜びです☆本を書かない代わりにここでいろんなことを書いてみたい。

フォローする